autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 ホンダ 新型ステップワゴン vs 日産 セレナ どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2015/6/2 13:45

ホンダ 新型ステップワゴン vs 日産 セレナ どっちが買い!?徹底比較(2/3)

ホンダ 新型ステップワゴン vs 日産 セレナ どっちが買い!?徹底比較

ホンダ ステップワゴン vs 日産 セレナ/インテリア対決

ホンダ 新型ステップワゴン G・EX(外装色:ホワイトオーキッド・パール)ホンダ 新型ステップワゴン G・EX(外装色:ホワイトオーキッド・パール)日産 セレナ2.0 ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティパッケージ日産 セレナ2.0 ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティパッケージ

次は内装を比べよう。

ステップワゴンは新型になってメーターをインパネ最上部の奥まった位置に装着したので、セレナに配置が似てきた。

前方から視線をメーターに移した時は見やすいが、小柄なドライバーは圧迫感が生じたり、前方視界に不満を感じることがあるので注意したい。

インパネの操作性は両車ともに同等で使いやすく仕上げた。内装の質感は、設計が古いものの、セレナもそれなりに上質。大きな差はない。

居住性は、1列目のシートは両車ともに十分なサイズを確保した。2列目は、ステップワゴンの先代型はベンチタイプが基本だったが、新型ではセパレートタイプになり、ベンチは2万1600円でオプション設定となった。体が適度に沈んでしっかりと支えるから、座り心地は快適だ。

セレナはベンチタイプのみだが、2列目シートの中央が1列目の間までスライドして、収納ボックスとして使える。なのでアームレストは付かないものの、セパレートシートにもなるわけだ。座り心地は相応に柔軟で、2列目でも差は付きにくい。

ホンダ 新型ステップワゴン G・EX(外装色:ホワイトオーキッド・パール)ホンダ 新型ステップワゴン G・EX(外装色:ホワイトオーキッド・パール)日産 セレナ2.0 ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティパッケージ日産 セレナ2.0 ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティパッケージ

3列目は一長一短。ステップワゴンは床と座面の間隔が相応に確保され、座面の柔軟性もミドルサイズの3列目としては良好だ。その代わり床下に格納する時の干渉を避けるため、座面の奥行寸法がセレナよりも35mm短い。なので大腿部の支え方が甘く感じる。

対するセレナの3列目は、サイズは十分にあるが、床と座面の間隔が不足気味で膝が持ち上がりやすい。柔軟性もステップワゴンに見劣りする。

3列目の足元空間は、両車ともに5ナンバーサイズのミニバンでは最大級だ。それでも身長170cmの大人6名が乗車して、1/2列目のスライド位置を同等に調節すると、3列目の膝先空間はステップワゴンの方が握りコブシ半分ほど広い。ステップワゴンは新型になってボディの前側を短く抑え、1~3列目の乗員間隔を40mm広げたから、足元空間にも余裕が生じた。

シートアレンジはセレナが豊富だ。前述のように2列目シートの中央を1列目の中央までスライドさせると収納ボックスになり、2列目の間に空間ができて通路になる。2列目の左側には前後に加えて左右のスライド機能も備わり、中央部を1列目の間に寄せた状態で2列目を右側へスライドさせると、スライドドア付近の間口を広げられる。このほか2列目の右側は座面を持ち上げて前に寄せられるから、3列目の跳ね上げ機能と併せて荷室を広げやすい。

対するステップワゴンは、新型になってシートアレンジを選別した。3列目は左右独立して床下に格納できるようになったが、2列目を畳む機能は省いている。

ホンダ ステップワゴン vs 日産 セレナ/乗降性対決

ホンダ 新型ステップワゴン G・EX(外装色:ホワイトオーキッド・パール)ホンダ 新型ステップワゴン G・EX(外装色:ホワイトオーキッド・パール)

乗降性はステップワゴンの圧勝だ。床面地上高はスライドドアの部分で390~400mm。セレナの450~460mmに比べて60mmほど低い。ステップワゴンは基本的には2世代前と同等だが、この時の低床設計が今でもライバル車をリードしている。

セレナは床が高いためにサイドステップ(乗降用の小さな階段)を備えるが、ステップワゴンには備わらず、路面から床へ一気に足が届く。

ちなみにステップワゴンとセレナの床の高さの違いは、全高と室内高からも類推される。全高は先に述べたようにセレナが25mm高いが、室内高はステップワゴンが1425mm、セレナは1380mmだから後者が45mm下まわる。両方を合計すれば70mm。床の高さ/60mmの違いとおおむね合致する。

しかもステップワゴンは前述のように縦開き式のリアゲートに横開きのサブドアを組み合わせて、狭い場所での開閉を可能にした。

リアゲート部分の開口部地上高は445mm。スライドドア部分の390~400mmに比べると高いが、乗り降りの可能な高さになる。セレナは520mmだから、ステップワゴンは荷室の部分でも70~80mmは低い。荷物の収納性も優れている。

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ステップワゴン の関連記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連記事をもっと見る

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円