autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ホンダ「ステップワゴン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 2ページ目

特別企画 2015/5/20 11:17

ホンダ「ステップワゴン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(2/5)

ホンダ「ステップワゴン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

内装のデザイン&居住性

ホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴン

水平基調のインパネは、新旧モデルとも似た形状だが、メーターの配置は異なる。旧型はハンドルの奥側に装着したが、新型ではインパネ上部の奥まった位置にある。新型のメーターは視線と目の焦点移動が少なくて見やすいが、圧迫感は少し強まった。

居住性は、1列目は旧型と同等。腰の収まりは新型も良好とはいえず、もう少しボリュームが欲しい。

2列目は、新型ではセパレートタイプが標準装着されてベンチシートはオプションになった(旧型は逆であった)。新型は座面のボリュームが増して快適になったが、セパレート/ベンチともに折り畳んで前方に寄せることはできない。荷室のアレンジは旧型の方が豊富であった。

3列目は新型が快適。足元空間が旧型よりも広く、硬い部分のあった背もたれの造りも改善されている。ただし床下格納の都合で、3列目の座面は旧型よりも奥行寸法が60mm短い。大腿部の支え方に不満を感じる場合があるので注意したい。

進化度数:5点/10点(順当に進化した)

ホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴン
ホンダ 旧型ステップワゴンホンダ 旧型ステップワゴンホンダ 旧型ステップワゴンホンダ 旧型ステップワゴンホンダ 旧型ステップワゴン

動力性能

ホンダ 新型ステップワゴンホンダ 旧型ステップワゴンスパーダ

旧型が搭載したエンジンは、直列4気筒2リッターのノーマルタイプ。最高出力は150馬力(6200回転)、最大トルクは19.7kg-m(4200回転)であった。

一方、新型は直列4気筒の1.5リッターに、ターボを組み合わせる。性能は150馬力(5500回転)/20.7kg-m(1600~5000回転)だ。

最高出力の数値は同じだが、新型では最大トルクが1kg-m高まり、しかも1600~5000回転という幅広い領域で発揮される。アクセルを踏み増した時に、動力性能が遅れて立ち上がるターボのクセも抑えたから、新型は運転がしやすい。旧型は最大トルクの発生が4000回転を超えることもあり、実用域の駆動力もいまひとつであった。

新型の欠点は1500回転以下で駆動力が落ち込むこと。これはターボの特性だが、ステップワゴンのATは無段変速のCVTだから、不得意な回転域は巧みに避けて変速を行う。だから不都合はほとんど感じない。

進化度数:4点/10点(比べてようやく気付くレベル)

[次ページへ続く]

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ステップワゴン の関連記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連記事をもっと見る

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28