autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ ステップワゴン 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2009/11/29 11:08

ホンダ ステップワゴン 試乗レポート/岡本幸一郎(3/3)

関連: ホンダ ステップワゴン Text: 岡本 幸一郎 Photo: 原田淳/オートックワン編集部
ホンダ ステップワゴン 試乗レポート/岡本幸一郎

欠点が見当たらない、総合力の高いミニバンになった

ホンダ ステップワゴンスパーダ

ハイルーフミニバンながら段差のないフロアにアクセスできるのは、相変わらずステップワゴンの美点。フローリングフロアが選べるのもステップワゴンならではだ。

乗り込むと、室内の雰囲気もだいぶ変わっていて、先代ではかなり奇抜だったインパネは、比較的オーソドックスなつくりになっている。見やすく、使いやすく、収納スペースの使い勝手もよく、量より質を取った印象。標準モデルの明るい色調だと、やや樹脂部分が安っぽく見えるが、スパーダのブラック系ならあまり気にならない。

そして、視界がいい。前後も左右も、Aピラーの付け根やドアミラー周辺も、あまり遮るものがない。ホンダがこだわる最小回転半径5.3mという小回りのよさもありがたい。

さらに、オプションで選べるサイドビューカメラサポートやマルチビューカメラシステムまである。これはなくても大丈夫ではあるが、あったほうが絶対にプラス。車庫入れはラクだし、何かにぶつけて修理代がかかるよりは、先に手を打っておくのが賢明というものだ。

2列目は、1列目とのタンデムディスタンスが100mmも増えたことで、乗降性もさらに向上し、シートに腰を下ろすと、ニースペースや頭上空間の余裕が増していることを実感する。サイドウインドウの面積も大きくなり、見上げると世界最大級のサイズというスカイルーフ(オプション)が。こんな開放的な感覚は、これまで経験したことがない。

3列目も頭まわりの余裕が増している。不要なときはフロア下に格納できるのだが、これの使い勝手もアイデア賞モノだ。大きな力を必要とせず、操作の仕方も直感的にわかりやすいもので、よく考えられているなと感心させられた。

先代ステップワゴンについても、目指したものは間違っていなかったと思うが、当初は好調だった販売も、結果的にライバルにだいぶ水を開けられてしまった。

そうした状況から生まれた4代目は、個性こそ薄れたが、より多くの人に支持されるであろう性格になった。ただ大きくなっただけでなく、走りもユーティリティも述べてきたとおりだ。

あらゆる要素をそつなくバランスよく身につけていて、欠点らしい欠点も見当たらない。とても総合力の高いミニバンに仕上がっていると思う。

ホンダ ステップワゴンスパーダホンダ ステップワゴンスパーダホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ステップワゴン の関連記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連記事をもっと見る

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円