autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ホンダ 新型(5代目)ステップワゴン 新型車解説/渡辺陽一郎

新型車解説 2015/4/23 11:30

ホンダ 新型(5代目)ステップワゴン 新型車解説/渡辺陽一郎(1/3)

関連: ホンダ ステップワゴン Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志・本田技研工業株式会社
ホンダ 新型(5代目)ステップワゴン 新型車解説/渡辺陽一郎

5ナンバーミニバンの代表車種の一つ「ホンダ ステップワゴン」がフルモデルチェンジ

日本のメーカーが「このジャンルだけは、海外メーカーに絶対負けません!」と言い切れるのが、5ナンバーサイズを基本にした背の高いミニバンだろう。

海外にもミニバンはあるが、大半がボディの大きな3ナンバー車。その点、日本には運転のしやすいサイズで、車内の広い空間効率の優れたミニバンが多い。最近は燃費も向上してきた。

ホンダ 新型ステップワゴン

この背の高い5ナンバーミニバンの代表車種の一つ「ホンダ ステップワゴン」が、2015年4月23日にフルモデルチェンジを受けた。

1.5リッターのターボを備えた新しいエンジン、縦開きと横開きの両方が可能なリアゲート、緊急自動ブレーキを作動できる衝突回避の支援機能など、注目点の多いクルマになっている。

比較的スッキリとした外観となった新型ステップワゴン

ホンダ 新型ステップワゴン

まずはボディのスタイルとサイズだが、従来型と同様、標準ボディとスパーダを用意する。

ボディサイズは、標準ボディの全長が4,690mmで全幅は1,695mm。スパーダは4,735mm/1,695mmになる。スパーダの全幅は5ナンバー規格に収まるが、全長が4,700mmを超えることで3ナンバー車になった。全高は前輪駆動の2WDが1,840mmだ。

スパーダにはエアロパーツが備わり、バンパーやグリル、アルミホイールなどが専用のデザインになる。外観は基本的には背の高いミニバンとあって先代型を踏襲するが、各部の形状はかなり違う。

先代型はミニバンにありがちなパターンで、メッキグリルの主張が強かったが、新型は比較的スッキリと仕上げた。メッキは使われるが、先代型、あるいはライバル車のトヨタ「ヴォクシー」&「ノア」「エスクァイア」日産「セレナ」に比べると表現の仕方が控え目だ。

その一方でフロントマスクには張りを持たせ、外観をワイドな印象に見せている。ボディサイドも同様で、従来以上に陰影を強めた。

そして後部は左右非対称のデザイン。リアフェンダー/リアウインドウ/リアゲートの部分は、左右で形状が異なる。これが新型ステップワゴンの特徴だ。

ホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴン
ホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ステップワゴン の関連記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連記事をもっと見る

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円