autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK THE NEXTALK ~次の世界へ~ 本田技術研究所 渡邉生 主任研究員 インタビュー 2ページ目

NEXTALK 2012/1/14 09:00

THE NEXTALK ~次の世界へ~ 本田技術研究所 渡邉生 主任研究員 インタビュー(2/5)

関連: ホンダ Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤康彦
THE NEXTALK ~次の世界へ~ 本田技術研究所 渡邉生 主任研究員 インタビュー

自動車メーカーというより、ホンダに入りたかった。

なぜ、ホンダに入社したのか?。渡邉生の答えは、明快であった。

THE NEXTALK ホンダ 渡邉生 インタビュー

【渡邉生】子供のころから、シビックやアコードが好きで、ミニカーを買ったり、写真を撮ったりしていました。それから、F1へのチャレンジなどもあって、何に対しても挑戦する姿勢をホンダに感じ、この会社なら自分を試せるのではないかと思ったのです。 ですから、自動車メーカーの中からホンダを選んだと言うより、ホンダに行きたかったのです。

THE NEXTALK ホンダ 渡邉生 インタビュー

ホンダは、渡邉生が生まれた1964年に、7月のドイツグランプリから第1期のF1活動をはじめた。その2年前の1962年には4輪車へ進出することを発表し、翌63年にDOHCエンジンを搭載した軽トラックT360を発売している。そして、2人乗りスポーツカーのS500へと続く。

72年にシビックを発売、76年にはアコードが発売となった。こじつけて言えば、多感な小学生時代まで、渡邉生の成長と合わさるように、ホンダの4輪事業は発展していった。さらに、周到にF2参戦から足掛かりをつけ、いったん休止していたF1に83年から復帰する。87年からは鈴鹿サーキットで日本グランプリが始まった。その翌88年に、渡邉生は大学を卒業し、ホンダに入社した。

THE NEXTALK ホンダ 渡邉生 インタビュー

【渡邉生】大学は物理専攻でしたが、「世の中の役に立つ仕事がしたい」と思い、メーカーであるホンダを選んだのです。入社して半年ほどは実習があり、そののち汎用研究所へ配属となりました。はじめから研究所が志望で、本当は4輪をやりたいという気持ちはありました。

汎用の分野については何も知らず、商品として耕うん機や発電機があるなという程度でした。最初は汎用のディーゼルエンジンの騒音を下げる仕事につきましたが、なにしろ物理出身なので、エンジンについての知識がなく、このディーゼルエンジンで、部品や、各部の名称などを学んでいったというところです。

THE NEXTALK ホンダ 渡邉生 インタビューTHE NEXTALK ホンダ 渡邉生 インタビュー

その後、数値計算をやりたくて、CAE(Computer Aided Engineering=コンピュータを活用した解析や設計:筆者注)の部署に異動しました。そこで5年ほど、構造解析や振動計算、エンジン性能のシミュレーションなどをやりました。

次に、エンジン設計です。ここでいよいよエンジン図面を引いて、商品を作る仕事になります。最初は芝刈り機や発電機用エンジンの部品設計で、次にエンジン全体のレイアウトをしました。

その次は、基礎研究や先行開発をする部署に異動です。99年のことでした。そこでの開発の目的は、主に燃費の改善ですね。この部署で、2001年から、今回の複リンク式高膨張比エンジンのラージプロジェクトリーダー(LPL)になりました。

ホンダでは、年功序列に関係なくラージプロジェクトリーダー(LPL)と呼ばれる開発の責任を負う立場に立たされる。新しい開発、何か際立った開発では、若手がLPLになることがまれではないと渡邉生は言う。そうしたなか、30代半ばで初めての渡邉がLPLを経験するというのは、ホンダ内でいえば年齢的に遅い方で、逆にプレッシャーがあったと渡邉は回顧する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円