autoc-one.jp 記事・レポート 特集 日本にない日本車 日本にない日本車/アキュラ TL 3ページ目

日本にない日本車 2011/12/9 13:06

日本にない日本車/アキュラ TL(3/4)

関連: ホンダ Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史/本田技研工業株式会社
日本にない日本車/アキュラ TL

メカメカしくない、ドッシリとした動き

ホンダ アキュラTL

今回の試乗車は、3.7リッターV6(305hp)エンジンを搭載し、電子制御の四輪操舵システム「SH-AWD」を装備している。ちなみに、ノーマルの「アキュラTL」は3.5リッターV6(280hp)で「SH-AWD」未装着だ。

まず、フリーウェイ405号線を流した。2,000rpmでも十分なトルク感だ。

乗り心地は重厚感がある。アメリカのフリーウェイはコンクリート路面。日本のアスファルトより路面からの突き上げが当然強いのだが、その状況での「アキュラTL」の乗り心地を言葉に表すと「ズゥン、ズゥン」だ。

ホンダ アキュラTL

ゴトゴト、カンカンといった安っぽい突き上げ感はない。つまり、ドイツ車に乗っているような感覚だ。とはいえ、BMWよりは柔軟かつメルセデスほどソフトタッチではない。タイヤはグッドイヤーのオールシーズンタイヤで、サイズは245/40R19だ。

また、ありがたいと感じるのが「ブラインド・スポット・インフォメーション」というシステム。ドライバーの斜め後方の死角にクルマがいる際、サイドミラーの車内側のライトが光るシステムである。

日本車でも装着しているクルマはあるが、アメリカでは最近になって各メーカーが本格的に導入を始めた。

こちらのフリーウェイは片側4車線なんて当たり前で、合流ポイントでは片側10車線近くになることもある。そうした状況で、カラダが疲れていて路線変更で注意が散漫になっている時などは、本当にこのシステムが助かるのだ。

さて、ビバリーヒルズ周辺を巡ってから、サンタモニカでひと休み。その後、再び405号線に戻り、アメリカンホンダ(ホンダの北米本部)のあるトーランスを抜けて、サウスベイへ。

その山間部、パロス・バーデスのワインディングでアクセルをやや多めに踏み込んだ。

レブリミットは6,700rpm。5,000rpm以上で吸気音とエンジン内メカニカルサウンドがシンクロする。気分が爽快になる音だ。ブレーキペダルのストロークは少なめで、踏み心地は「カチッ」としている。

ホンダ アキュラTL

ハンドリング特性は、「ズッシリとしたニュートラル」。電子制御四輪駆動のSH-AWDが、無理矢理に「FF車をスゥーと旋回させてしまう」ことはない。

車全体の動きが感触として、メカメカしい「マシン」という感じではない。あくまでも、ズッシリとした「大人の走り」が前面に出てくる。

夜――。「アキュラTL」はエレガントビューティに変身する。

LAダウンタウンの摩天楼をバックに、フリーウェイ110号線を南下。アキュラ/ELS サラウンド・サウンド・システムで、XM衛星ラジオのライトジャズを楽しむ。

南カリフォルニア特有のオレンジ色の街灯のなか、ナイトクルージングが心地良い。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26