autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エンタメ 愛車紹介 高橋国光/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」

レーサー愛車紹介 2010/12/16 13:15

高橋国光/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」(1/3)

関連: ホンダ Text: 今井 優杏 Photo: 今井優杏
高橋国光/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」

高橋国光/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」

今回のゲストは高橋国光さん!

言わずと知れたレース界の重鎮で、1999年に現役を引退されてからは、自らのレーシングチーム“チーム国光”にて監督を務めていらっしゃいます。

2輪では世界を転戦し、4輪ではティレルからF1にも参戦された国光監督。そんな国光監督の愛車は、BBSのホイールを履いたレジェンドでした。

高橋国光氏と愛車のホンダ レジェンド

―レジェンドを選ばれた理由を教えて下さい

先に、そもそも僕とホンダとの出会いからお話しますけど、第一回浅間火山レース(第一回全日本モーターサイクル クラブマンレース、1958年)という2輪のレースがあってね、僕はそれに出たんです。そうしたら優勝して、2年目もまた優勝して、1960年にホンダのワークスライダーになって、1965年までワールドGPを回りました。

1961年にジャーマンGPで日の丸を上げて、アイルランドのアルスタGP、アメリカGP、スペインGP、フランスGPを優勝したんだけど、1962年にマン島のレースで大クラッシュしましてね、10日間意識不明。生死をさまよいましてね。

そこからあまり調子がよくなくなってしまったんだけど、そんなことをしてるうちに鈴鹿サーキットが出来て、日本の自動車レースが始まりました。僕は2輪の選手だったんだけど、ホンダは当時2輪がメインで、そんなに自動車を販売してなかったんです。

それで、ホンダの2輪の選手だった僕は、日産の4輪のワークス選手になったんですよ。同じ頃、2輪でレースをしていたヤマハ系の選手はトヨタに入って、みんなの活躍もあって、どんどん日本の自動車レースが発展していったのは現在の皆さんがご存知の通りですよね。

―その頃は現在以上にレースの技術が市販車にフィードバックされていたんですね

その頃の日本の自動車は、全然良くなかったんですよ。だから過酷なレースに参戦するということによって、耐久性に優れた、高性能なエンジンやシャーシが作られるようになっていったんです。

レースに勝てば販売が伸びる。勝てば性能がいいということの証明になるから、メーカーが積極的にレースに参戦し始めた。そこからワークス体制と呼ばれる、メーカーが直接レースに出資する体制が過熱していったんですね。

おかげでどんどんレースを通じて自動車産業が発展して、今や日本が世界にクルマを卸す時代になったでしょう。

その昔、アメリカ、欧州のクルマっていうのは絶対的に素晴らしかったんだけど、日本のクルマはそれらにも負けない、あるいはすでに性能的には追い越した、というくらいのいいクルマができてきたんだよね。

―そして今、ホンダのレーシングチーム監督として、ホンダの最高級セダンであるレジェンドを選ばれた、ということですね。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円