ホンダ フリードスパイク ホンダ フリードスパイク Gエアロ/Giエアロ/オプション

記事・レポート 新車情報 新車グレード比較 ホンダ フリードスパイク Gエアロ/Giエアロ/オプション

ホンダ フリードスパイク グレード比較 (3/3)

ホンダ フリードスパイク Gエアロ/Giエアロ/オプション

Gエアロ/外観をドレスアップした売れ筋グレード

フリードスパイクには、エアロパーツで外観をドレスアップしたエアロ系のグレードが「2グレード」用意されている。

そのうち、当面の売れ筋グレードになりそうなのが「Gエアロ」だ。価格は、Gジャストセレクションに対して20万円高い198.8万円。

「エアロ」という名前が付いていることからも分かるように、エアロフォルムバンパーを始め、カラードテールゲートスポイラーなど、各種エアロパーツで外観がドレスアップされている。

ほかにも、ハーフシェイド・フロントウィンドウやテレスコピックステアリング、15インチアルミホイールが装備されるので、20万円に見合うだけの装備の違いはあるだろう。

ただ、1.5L車で200万円近い価格はちょっと高めの印象であり、特徴のある外観などから当面は売れ筋グレードになるとは思われるが、売れ行きがいったん落ち着いた後は安価な「Gジャストセレクション」のほうが良く売れることになりそうだ。

Giエアロ/フル装備の最上級グレード

フリードスパイクの最上級グレードとなるのが「Giエアロ」。

ほかの各グレードにはFF車と4WD車の設定があるが、GiエアロだけはFF車のみの設定となる。価格は246.8万円でGエアロと比べても一気に50万円近く高くなる。

Giエアロは価格が高い分だけあって、安全装備も快適装備も「フル装備」といった感じで様々な装備が用意されている。

まず、安全装備は横滑り防止装置の「VSA」や「サイド&カーテンエアバッグ」が標準。VSAはGジャストセレクションやGエアロでもオプション装着することが可能だが、サイド&カーテンエアバッグはGiエアロに標準装備されるだけで、ほかのグレードでは装着できない。

快適装備は、HDDインターナビやLパッケージ、コンフォートビューパッケージなどが標準だ。

唯一無くなる装備として、センタードリンクホルダーが上げられるが、これはこの部分にHDDインターナビに含まれる「ETC車載器」が配置されるためだ。

Giエアロの1.5L車で250万円近い価格は「あまりにも高い」という印象を受けるが、オプション装着できるものだけを計算しても46.2万円になり、これにサイド&カーテンエアバッグの分が加わるのだから、Gエアロにフルオプションを装着するのに比べれば安いことになる。

予算に余裕があるのであれば、このグレードを選びたい。

オプションなど/予算に合わせて選びたい

まずFFと4WDの価格差は19.9万円。見かけはほぼ一般的な価格差ながら、実質的にはやや小さめの価格差だ。

というのは、FF車には設定がなかったり、オプション設定となるコンフォートビューパッケージが4WD車には標準で装備されるからだ。

この分を考えると、FFと4WDの価格差は明らかに小さめになる。雪道を走る機会が多いユーザーなら当然4WD車を選ぶことになる。

G以上に装着できるHDDインターナビは、リヤカメラやオーディオなどを含めて24.15万円。インターナビの機能が付いてこの価格ならリーズナブルなものといえる。

Gジャストセレクション以上にオプション設定される「Lパッケージ」は11.55万円の設定。左側のパワースライドドアとスライドドアイージークロージャー、スマートキー、イモビライザーをセットにしてこの価格であれば、これも納得モノといえる。

GジャストセレクションとGエアロのえるm