autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム F1は速さを競うだけではない?マシンの「色」で美しさも競う!?

自動車評論家コラム 2016/9/12 16:16

F1は速さを競うだけではない?マシンの「色」で美しさも競う!?(1/3)

関連: ホンダ
F1は速さを競うだけではない?マシンの「色」で美しさも競う!?

F1やインディカーに比べスーパーフォーミュラは見劣り?

F1GPはヨーロッパラウンドが終了、残り7戦のアウェイの終盤戦に入った。インディカーも、ロードコース最速のワトキンスグレンでのスペクタクルな戦いを終えて、残り1戦となった。

日本のスーパーフォーミュラも、いよいよ終盤戦。来シーズンのマクラーレン・ホンダのドライバーに決定したストフェル・ヴァンドーンの活躍や、遅れてやってきた逸材、関口雄飛の初優勝で残り2戦の展開が楽しみになっている。

ところで、F1やインディカー、そしてスーパーフォーミュラを比べてみると、同じフォーミュラカーだがスーパーフォーミュラが見劣りしてしまう。バトルの内容はF1やインディカーに匹敵する濃さがあるのだが、それが見えにくい。どうしてそうなるのだろうか。

もちろん、お金のかかり方からして違う、という見識は間違いではないが、そこには明確で分かり易い理由があった。最大の理由は『色』。マシンのカラーリングの違いがその大きな理由だった。

カラーリングデザインがもうひとつイケてない?確かにそれもあるが、それだけではない。簡単にいってしまえば“艶”の有無。

同じようなカラーリングでも、その艶の差で如実に違いが出て

どういうことかといえば、F1やインディカーは、各チームが独自のペイントショップをガレージの中に持っていて、毎戦、リペイントしている。各サーキットに運び込まれるマシンのボディは、毎回新たに塗り直される。提供されている巨額のスポンサーフィーから、リペイントの予算をかける価値があるという考え方があるからだ。

対するスーパーフォーミュラは、カッティングシートでカラーリングを行なって、1年間使い回し。最近のカッティングシートは、ボディ曲面への追従性も素晴らしく、艶も悪くないのだが、艶のクォリティが実際のペイントには届かない。同じようなカラーリングでも、その艶の差で如実に違いが出てしまう。

とはいえ、カッティングシートにはメリットもある。まずは、費用。1年間使えるから、格段に割安になる。そして重量も魅力だ。2006年のトヨタF1で重量比較を行なったところ、ペイントによって塗料の重さで約4kgほどの重量増なのに対して、カッティングシートでは、1.5kgほどで済み、2.5Kgの差があったそうだ。

もちろん、レーシングカーは軽い方がいいに決まっているので、重量の点からはカッティングシートに軍配が上がる。しかし、見映えはどうしてもペイントには敵わない。スーパーフォーミュラが貧相に見えるのは、ここがポイント。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円