autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ホンダF1が後半戦から投入予定の次なる“タマ”は準備ができた!どうなるF1戦線 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/8/10 19:09

ホンダF1が後半戦から投入予定の次なる“タマ”は準備ができた!どうなるF1戦線(2/2)

関連: ホンダ Text: 山口 正己
ホンダF1が後半戦から投入予定の次なる“タマ”は準備ができた!どうなるF1戦線

今シーズンの勢力図ではメルセデスが圧倒

F1 ドイツGPF1 鈴鹿GP

当然、コースの違いによって、成績に違いが出る。簡単に言えば、まっすぐに走るだけなら基本的にエンジンパワーの優劣で勝負は決まるけれど、サーキットは、元々“回路”という意味、まっすぐだけでなくカーブもある。

そうなると、コーナリング性能の違いが速さや、脱出してからの加速力やブレーキングの能力が差になってくる。コーナーのスピードは、車体のポテンシャルで決まるが、エンジンと車体の組み合わせの得手不得手が出る。

今シーズンの勢力図では、まずはメルセデスがトップに君臨し、レッドブルとフェラーリがそれを追う形だ。この序列は、どのコースでも同じ。メルセデスは、どこでも速いが、レッドブルとフェラーリの力関係は、コースによって、変動する。

そして気になるのが、マクラーレン・ホンダのポジションだ。得意なコースがもちろん存在する。マクラーレン・ホンダは、ハンガリーGPの週末、全セクションでフェルナンド・アロンソが7位という結果を残した。トップ3に続く位置だ。マクラーレン・ホンダが得意なコースだったということだ。

しかし今後、どのコースでもそのポジションかと言えばそうではない。コースによってポジションは違ってくる。8月9日のインタビューで、ホンダF1レーシングの長谷川祐介F1プロジェクト総責任は、復帰初年度より格段に進化したマクラーレン・ホンダのポテンシャルについて、「エンジンパワーだけで言えば、現状はメルセデス、フェラーリ、ルノーに次いで4番目」と厳しい見かたをしているとコメントした。

ホンダの次の“タマ”はベルギーGPから実戦投入?

F1 ドイツGP

ハンガリーGPで7番手だったのは、平均スピードが比較的低く、新舗装された路面がスムーズだったからだ。つまり、8月27日決勝のベルギーGP以降(スピード比較表の☆印)を見ると、マクラーレン・ホンダの活躍が期待できそうなレースが見えてくる。

まずは、平均速度が低めのメキシコGPやシンガポールGP。シンガポールのマリナ・ベイは、路面がバンピーだから若干苦戦を強いられるかもしれないが、スーパーハイスピードのイタリアGPやベルギーGPよりも期待値は高くなる。とはいえ、ハイスピードコースで「まったく太刀打ちできないと諦めているわけではない」と長谷川F1プロジェクト総責任は言った。

すでに確認段階になっている次の“タマ”を投入する準備ができているからだ。その“タマ”は、早ければ後半戦の開幕となるベルギーGPから実戦投入できるかもしれない。

今シーズンの目標を、トップ10が残る予選Q3進出に置いていたホンダは、まずはそこを突破した。新たな“タマ”を投入したからといって、いきなり優勝戦線には加わるわけではないが、トップ3に続くポジションには期待したい。

高速だがテクニカルな10月9日の鈴鹿に向けて、ホンダの後半戦の行方が気になり、ますます寝苦しくなる夏である。

[Text:山口正己]

筆者: 山口 正己
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27