autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム F1の夏休みはFIAの監視下でメールすら出せない「強制的な活動休止命令」発令!? 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/8/4 10:51

F1の夏休みはFIAの監視下でメールすら出せない「強制的な活動休止命令」発令!?(2/2)

関連: ホンダ Text: 山口 正己
F1の夏休みはFIAの監視下でメールすら出せない「強制的な活動休止命令」発令!?

レッドブル

レッドブルF1レッドブルF1

言うまでもなく、レッドブルはエネルギー飲料プロモーションの一環としてF1活動を行なっている。レッドブルがF1にさわやかな新風を吹き込んだのは間違いないところだ。

ヨーロッパが舞台となる通称“ヨーロッパラウンド”のF1パドックには、マシンやパーツを運ぶトランスポーターと、VIPゲストのホスピタリティを行なうモーターホームの『F1村』が建ち並ぶが、モーターホームの中でもレッドブルは独特。

エナジー・ステーションと呼ばれる2階建てのそこは、素晴らしくフェアなムードに溢れている。ホスピタリティの考え方は各チームそれぞれ。ランチを例にとると、フェラーリはブッフェ式、メルセデスやルノー、マクラーレンは、レストランのようなオーダー式だが、レッドブルは、小皿料理が5~6皿用意され、セルフサービスでいただく。しし唐のグリル、肉や魚の料理、パスタ、デザートなど、それぞれがおいしいのは当然として、敷居の高さが非常に低い。ウェルカム・ムードが心地よい。

レッドブルが標榜する自由なイメージが徹底しているから、入り口でパスをチェックしているスタッフも、皿を片づける女性たちも、アルコールを提供する担当も、ホスピタリティをよく理解しているフレンドリーなメンバー揃いだ。

ウィリアムズ

ウィリアムズF1ウィリアムズF1

元々F1チームは、F1グランプリという高度なレースを戦うレーシングチームだったが、1970年代に煙草メーカーのスポンサーが勢力を付けた辺りから、少しずつ様変わりしてきた。

スポンサーのためのチームが隆盛を誇る中で、唯一今でもレーシングチームとして参戦を続けているのが、ウィリアムズだ。第二期ホンダF1時代には、マクラーレンやロータスと共にホンダ・エンジンの供給を受け、ワールドチャンピオンになっているが、当時から闘将フランク・ウィリアムズのチームは、F1になくてはならない存在だった。

F1の最高権力者のバーニー・エクレストンが、F1の三つの宝として、フェラーリ、モナコと並べてウィリアムズを挙げているのは、純然たるレーシングチームだからに違いない。成り立ちや形の違いを感じつつF1グランプリを眺めると、違った闘いが見えてくるかもしれない。

夏休みを挟んで、8月28日に闘いを再開するF1グランプリをそんな視点で、どうぞ。

[Text:山口正己]

筆者: 山口 正己
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円