autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハに続く逸材が日本のレースに登場!

自動車評論家コラム 2016/4/29 15:53

アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハに続く逸材が日本のレースに登場!(1/2)

関連: ホンダ Text: 山口 正己 Photo: STINGER/本田技研工業
アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハに続く逸材が日本のレースに登場!

24歳の天才が日本のフォーミュラレースに!

バーレーンでいきなりF1デビューしたバンドーン選手

先週の日曜日、アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハに続く逸材が登場した。それも日本のレースに!

鈴鹿サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権の開幕戦が行なわれた。ホンダ・エンジンの山本尚貴が、ポールポジョンから、テレビ画面にほとんど登場しないぶっちぎり(笑)で素晴しい優勝を決めたが、そのレースに注目のベルギー人が日本のレースに登場した。

彼の名は、ストフェル・バンドーン(Stoffel Vandoorne)。舌触りもいい名前だ。3月26日に24歳になったばかりの天才である。名前を覚えておくと、そのうち“あ、あの時の!!”、と叫ぶ日がきっとくる。

さて、バンドーンは、ホンダ・エンジンを搭載するスーパーフォーミュラに参戦する3週間前の4月2日に行なわれたF1GP第2戦のバーレーンGPでF1にデビューしている。開幕戦のアクシデントの影響で欠場したフェルナンド・アロンソの代役でマクラーレン・ホンダに乗り、いきなり、チームメイトのジェンソン・バトンを上回る好成績を記録してマクラーレン・ホンダに今年の初ポイントをプレゼントした。

そもそも、アロンソにドクターストップがかかったのが木曜日。つまり、バンドーンの正式参戦が決まったのは、金曜日に始まるレーススケジュールの前日だった。準備もへったくれもなくいきなりデビュー戦になった。

「持っている男」バンドーン

バーレーンでいきなりF1デビューしたバンドーン選手バーレーンでいきなりF1デビューしたバンドーン選手

ちなみに、F1チームは、二人の正ドライバーの他に、リザーブドライバーと契約している。サードドライバーとも呼ばれる彼らの多くは、“有事”に備えてグランプリレースに帯同する契約になっている。バンドーンはマクラーレンの契約リザーブドライバーとして、その“有事”にあたるアロンソ欠場の代役になった。

ある意味、常に準備はしている。当然、いつでも走れるようにヘルメットやスーツは用意しておく。とはいえ、いきなりのデビュー戦である。心の準備ができないままでは舞い上がってもおかしくない。しかし、バンドーンは、金曜日からの3日間を、まったくのノーミスで過ごしてみせた。

さらに、出走が決まる前日の水曜日に彼は日本にいた。バーレーンとの時差は6時間。ヨーロッパやアメリカよりは少ないとはいえ、ジェットラグ(時差ボケはそういった方がかっこいい?)がある。

スーパーフォーミュラのテストをこなした後に、マクラーレンチームとの契約で、チームに帯同するためにバーレーンに移動したのだが、参戦指令を受けたのは、木曜日の午後、彼が日本からバーレーンに向かうフライトに乗る直前だった。

バーレーン到着は、金曜日の朝。通常のF1GPのスケジュールは、金曜日の朝10時からフリー走行が始まるから間に合わないところだったのだが、バーレーンGPはトワイライトレース。フリー走行開始は午後2時に始まる。晴れてバンドーンはマクラーレン・ホンダの正式ドライバーとしてF1デビューを果たしたのだが、要するに、“持っている”男ということだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円