autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 大戸区立第一自動車学園 【部活動の時間】 2ページ目

特別企画 2014/7/28 19:34

大戸区立第一自動車学園 【部活動の時間】(2/2)

関連: ホンダ Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志
大戸区立第一自動車学園 【部活動の時間】

これは、負けていられないわ……!

自動車学園へ戻る>>

カート大会の会場は栃木県にある国際サーキット『ツインリンクもてぎ』の北ショートコース。 ここは見通しのいいフラットな反時計まわりのコースで、エスケープゾーンも広く取られた比較的難易度の低い、それがゆえに全開コーナーリングが多発する高速コースです。

張り切って会場に訪れた私たち…メンバーを見てビックリ! 有名なジャーナリストの先生や、自動車媒体の皆さんがとっても多く参加している大会でした! これは、負けていられないわ……!と、闘志を熱くたぎらせる私たち。

用意されたカートに乗り込みます。今回は80㏄の2ストと、200㏄の4ストの2種類を前半・後半で乗り換える2ヒート制。 わたしは7号車、まるもちゃんは5号車に割り振られ、いつも仲良く学んでいるふたりですが、この時ばかりは完全にライバルになっちゃいました。

空はあいにくの小雨。しかし、レインタイヤを装着するほどではないと判断され、ドライのスリックタイヤで練習走行がスタート。久しぶりのカートの感触を確かめながら、コースインします。ところどころコース上に水たまりがあり、その上をいかに攻めるかを試していたら、急に雨脚が強くなって赤旗中断に! う~ん、開始前から先行き不安な天候です。

雨で全身びちょびちょ、泥ハネでドロドロ。でもやっぱりカートは最高に楽しい!

練習走行が終わったら休憩を挟み、いよいよ迎えたレース本番。100分のヒートを2回。3人一組のチームで、一人あたり20分以上の走行はペナルティー。20分以内ならどのタイミングでドライバー交代をしても構わない、というもの。組み分けはクジで行われましたが、これも勝敗を分ける結果になりました。

レース自体は、降ったり止んだりする雨に翻弄された結果に。当初2ヒート制だったレースも度重なるクラッシュや中断で3ヒート制に切り替わり、結果誰が何位なのか大混乱! しかし、表彰台を迎えてみれば、みんな晴れやかな笑顔で勝者に拍手を贈ります。みんな雨で全身びちょびちょ、泥ハネでドロドロ。でもやっぱりカートは最高に楽しい!のでした。わたしたち、二人とも表彰台は獲得できなかったけど、悔いなし!って感じです。

最後に、まるもちゃんに今日の感想を聞いてみましたよ。

『実はコースアウトした車両をヘルプする際、マフラーをうっかり触ってしまって、ヤケドしちゃいました。でも完璧な装備のおかげで、軽傷で済んだの。こういうことがあるから、モータースポーツの時のウエアや装備品は、きっちり選んだほうがいいよね。それから、女子として、ヘルメットを脱いだトキにお化粧が崩れて『福笑い』になっちゃわないように、普段からのケアも大事だなと、改めて思いました。体重の軽さが加速に繋がるカートは、女性が男性に勝てる数少ないスポーツ。女の子にもどんどんチャレンジしてほしいです』

私も、この意見には大賛成。授業もガンバルけど、部活動はもっと頑張るぞー!!

自動車学園へ戻る>>

筆者: 今井 優杏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円