autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK THE NEXTALK ~次の世界へ~ 本田技研工業 グローバルテレマティクス部 サービス開発室 主任 野川忠文 インタビュー 5ページ目

NEXTALK 2012/4/13 18:44

THE NEXTALK ~次の世界へ~ 本田技研工業 グローバルテレマティクス部 サービス開発室 主任 野川忠文 インタビュー(5/5)

関連: ホンダ Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
THE NEXTALK ~次の世界へ~ 本田技研工業 グローバルテレマティクス部 サービス開発室 主任 野川忠文 インタビュー

正しくあるかないかが大事

インターナビ事業室の若手の一人として、インターナビ開発を牽引する野川忠文の座右の銘とは?

THE NEXTALK  本田技研工業 グローバルテレマティクス部 サービス開発室 主任 野川忠文 インタビュー

【野川忠文】初めて聞いたときにグサッと来た、好きな言葉です。私は本田宗一郎さんが好きで、彼の言葉にある、「正しくあるかないかが大事」です。

会社で仕事をする以上、利益の追求など、企業が行う事業として当然求めてくるものはあります。しかし、最後の判断として、会社や自分、あるいは技術の都合で決めるのではなく、お客様にとって本当に正しい決断であるかどうかが大切だと思うのです。

お客様に納得してもらえるものでなければならない。また、お客様だけでなく、物づくりの現場でも、みんなが納得できるものでなければ、仕事への意欲も高まらないし、良い物はできません。このことを、心に留めてやっています。

「正しくあるかないかが大事」という姿勢で仕事に取り組む、野川忠文は、インターナビの将来についてどう考えているのか?

THE NEXTALK  本田技研工業 グローバルテレマティクス部 サービス開発室 主任 野川忠文 インタビューTHE NEXTALK  本田技研工業 グローバルテレマティクス部 サービス開発室 主任 野川忠文 インタビュー

【野川忠文】インターナビも、カーナビゲーションではありますが…変わってきたのは、「車載インターフェイス」と言うべき存在になって、通信を介してサーバーとつながって、大きな世界とつながる大きな窓ということ。しかも、クルマとクルマの関係も出てきて、クルマ全体で情報化していくことをやっています。自分のやっているこの領域で、クルマの世界を変えていきたい。そのための進化の余地は大いにあります。

ただ、進化というのは、実際には少しずつ変わっていくものなので、普段は気づかないでいるかもしれません。自然につながっていって、気付いたらインターフェイスを使っていて、改めて振り返ったときに「最近のクルマは便利になったね!」って、そう思ってもらえるものかもしれません。いずれ、「昔のクルマはたいへんだったんだねぇ~」と、言ってもらえるようなクルマ社会にしていきたいですね。

世の中を変えるには、日本だけでなく、世界を変えなければならない。ホンダだけでというのではなく、互いに切磋琢磨していくことで、さらにモビリティの世界が変わって、いまでは想像もできない世界が生まれてくれればいいなと思います。

野川忠文の話に、走り、曲がり、止まるとか、ファン・トゥ・ドライブという言葉は出てこない。

しかし、「つながる」をキーワードに語られたインターナビの話は、クルマで出掛けたいという気持ちを起こさせた。クルマが従来なかった機能を備え、ますます人の役に立っていくことで、クルマが世間で改めて見直されるようになっていく。

インターナビの進化や電気自動車の備えるビークル・トゥ・ホーム(電気自動車から家庭への電力供給)のような新しい価値は、ともに21世紀のクルマの魅力を切り拓く鍵のような気がする。

筆者: 御堀 直嗣
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円