autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 ホンダ 新型シャトル vs トヨタ カローラフィールダー どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2015/6/16 17:07

ホンダ 新型シャトル vs トヨタ カローラフィールダー どっちが買い!?徹底比較(3/3)

ホンダ 新型シャトル vs トヨタ カローラフィールダー どっちが買い!?徹底比較

シャトル vs カローラフィールダー/安全装備対決

ホンダ 新型シャトルトヨタ 新型 カローラフィールダー ハイブリッド G "AEROTOURER(エアロツアラー)"

シャトルはホンダの低価格車に幅広く採用される「あんしんパッケージ」を標準装着、あるいはオプション(6万1,560円)として採用した。

緊急自動ブレーキを作動できる衝突回避の支援機能は、赤外線レーザー方式だから時速30km以下になる。これにサイド&カーテンエアバッグを組み合わせた。

カローラフィールダーは、トヨタセーフティセンスCを幅広いグレードに標準装着した(ノーマルエンジンの1.5Xだけは5万4000円でオプション設定)。赤外線レーザーに単眼カメラを組み合わせて、緊急自動ブレーキは時速80km以下で作動する。

車線逸脱の警報、ヘッドランプのロー/ハイビームの自動切り替えも可能だ。サイド&カーテンエアバッグは、トヨタセーフティセンスCに含まれず全車に標準装着されている。

なお、緊急自動ブレーキの歩行者に対する検知能力は、両タイプとも備えていない。機能が勝るのはカローラフィールダー。緊急自動ブレーキの作動上限が時速80kmと高く、車線逸脱も警報するからだ。

シャトル vs カローラフィールダー/快適装備対決

ホンダ 新型シャトルトヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G "WxB"

両車とも快適装備で目立つ違いはない。ひととおりの快適装備を標準装着、あるいはオプションで加えられる。

違いが生じるのは荷室の機能だ。

カローラフィールダーは後席の背もたれを前に倒すだけだが、シャトルはさまざまなアレンジを可能にした。シャトルの場合、燃料タンクを前席の下に搭載するから、まずは荷室の容量が大きい。加えて車両の後部に燃料タンクがないため、床面へ落とし込むように後席を格納できる。

2名乗車時の荷室容量は、カローラフィールダーよりもシャトルの方が圧倒的に大きい。さらに後席の座面を持ち上げて、車内の中央に背の高い荷物を積むことも可能だ。ハイブリッドXと同Zには、柔らかい荷物を置くためのマルチユースバスケットも装着した。

以上のように快適装備のレベルは同等だが、荷室の機能はシャトルの圧勝になる。

シャトル vs カローラフィールダー/燃費性能対決

1.5リッターのノーマルエンジン搭載車のJC08モード燃費は、2WDで見るとシャトルが21.8km/L、カローラフィールダーは23km/Lだ。ハイブリッドは、シャトルのハイブリッドXが32km/L、同Zが29.6km/Lになる。カローラフィールダーは33.8km/Lだ。

燃費数値はノーマルエンジン、ハイブリッドともにカローラフィールダーが勝っている。

シャトル vs カローラフィールダー/価格対決

ホンダ 新型シャトルトヨタ 新型 カローラフィールダー ハイブリッド G "AEROTOURER(エアロツアラー)"

シャトルはハイブリッドが3グレード、ノーマルエンジンが1グレードにとどまる。カローラフィールダーは、ノーマルエンジンが1.5/1.8リッターの2種類で、これにハイブリッドが加わる。グレードの選択肢も多い。

1.5リッターのノーマルエンジン搭載車の場合、価格はシャトルGが169万円。カローラフィールダー1.5Gは192万2400円になる。これにシャトルであればあんしんパッケージ、スマートキーなどの装備をオプション装着すると、カーナビを除いて約185万円だ。

対するカローラフィールダー1.5Gは、同等の装備を加えると約204万円になる。つまり19万円ほどシャトルが安い。これに荷室の機能の違いも加わる。

ハイブリッドはどうか。シャトルハイブリッドXの価格は219万円、カローラハイブリッドGは229万8,437円になる。装備はシャトルハイブリッドXが充実しており、カローラハイブリッドGに同等の装備をオプションで加えると約245万円だ。ハイブリッドも15万円ほどシャトルが安い。

以前からカローラアクシオは価格が高めで、今もそれが続いている。なので機能や装備と価格のバランスでは、シャトルが買い得だ。

シャトル vs カローラフィールダー/総合評価「どっちが買い!?」

ホンダ 新型シャトルトヨタ 新型 カローラフィールダー ハイブリッド G "AEROTOURER(エアロツアラー)"

機能を総合的に見ると、シャトルが優れている。空間効率の高いフィットをベースに開発されたので、後席の足元空間が広い。

荷室の容量とアレンジはシャトルの圧勝だ。また設計が新しいために走行安定性が優れ、乗り心地も上質に仕上げた。加えて価格も割安だ。なので機能、割安感の両面でシャトルを推奨したい。

ただしシャトルは、フィットをベースに開発されたから外観のワゴンらしさが乏しい。フォルクスワーゲンゴルフヴァリアントなどに雰囲気が似ているのは、カローラフィールダーになる。

またハイブリッドで加減速を行った時のスムーズさ、燃費数値もカローラフィールダーが少し上まわる。シャトルは総じて高機能で買い得だが、そのためにデザインから内装まで、クルマ造りもミニバンに近い。

客観的に推奨されるのはシャトルだが、「ワゴンらしさ」にこだわるならカローラフィールダーも検討したい。

ホンダ シャトル 関連ページ

トヨタ カローラフィールダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シャトル の関連記事

ホンダ シャトルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シャトル の関連記事をもっと見る

ホンダ シャトル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円