autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ホンダ「シャトル」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 3ページ目

特別企画 2015/6/24 17:00

ホンダ「シャトル」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(3/5)

ホンダ「シャトル」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

走行安定性

ホンダ 新型シャトルホンダ フィットシャトル

旧型に比べて新型はかなり進化した。ボディ剛性の向上、サスペンション設定の見直し、ホイールベースの拡大などが利いている。旧型は後輪の接地性を保って走行安定性を維持するため、操舵に対する反応をフィットに比べて鈍く抑えていた。峠道などでは旋回軌跡を拡大させやすい面があったが、新型はしっかりと回り込む。

特にハイブリッドモデルの場合、旧型は駆動用電池の搭載に基づいてボディの後部が少し重く感じられ(後輪の荷重はノーマルエンジンよりも50kg重い)、ノーマルエンジン車に比べて安定性が低く感じたが、このバランスも新型では向上している。ボディの後部に駆動用電池を搭載しながら、運転中にそれをあまり意識させない。

旧型では、フィットとホイールベースを変えずにボディを伸ばしてワゴン化したこと、そこにハイブリッドシステムを搭載してボディが重くなったことによるバランスの悪化も感じたが、新型は別のクルマとして造り込まれている。「シャトル」の車名が示すように、運転するとフィットの発展型ではないことを感じる。

進化度数:7点/10点(大幅に進化した)

乗り心地

ホンダ 新型シャトルホンダ フィットシャトル

走行安定性の項目で述べたように、新型はボディやサスペンションの性能を高めた。足まわりが正確に働くから、旧型に比べて乗り心地も快適になっている。

ちなみにタイヤの指定空気圧は、旧型の15インチはノーマルエンジン、ハイブリッドともに前輪側が230kPa、後輪が210kPaだった。新型の15インチはノーマルエンジンの前輪が230kPa、後輪が220kPa。ハイブリッドモデルは前後輪ともに220kPaだ。燃費向上のために指定空気圧をむやみに高めていないことも奏効した。

進化度数:6点/10点(順当に進化した)

[次のページに続く]

ホンダ シャトル 関連ページ

ホンダ フィットシャトル 関連ページ

ホンダ フィットシャトルハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シャトル の関連記事

ホンダ シャトルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シャトル の関連記事をもっと見る

ホンダ シャトル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28