autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ホンダ「シャトル」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 2ページ目

特別企画 2015/6/24 17:00

ホンダ「シャトル」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(2/5)

ホンダ「シャトル」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

内装のデザイン&居住性

ホンダ 新型シャトルホンダ フィットシャトルハイブリッド

旧型のインパネは、一部の装飾が異なるものの先代フィットと同じデザインだった。

しかし新型は現行フィットとは異なる。基本的な配置は似ているが、ソフトパッドを積極的に使い、助手席の前側に装着された装飾パネルも上質だ。コンパクトワゴンというよりミドルサイズに近い。

シートのサイズとサポート性も向上。前後席ともにボリューム感が強まった。

特に差が付くのが後席の足元空間。身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る同乗者の膝先空間は、旧型は握りコブシ2つ分であった。これが新型では2つ半以上の余裕があり、ゆったりと座れる。

また旧型では、積載時に衝突した時の耐久性に配慮して後席のリクライニング機能を備えなかったが、新型ではベース車のフィットと同様に背もたれの角度を調節できる。

ホンダ 新型シャトル

荷室の床も最大長で30mm拡大して1840mm、最大幅も30mm広がって1100mmになり、わずかではあるが積載性が向上した。

総合的に見て質感と居住性はかなり良くなった。

進化度数:7点/10点(大幅に進化した)

ホンダ 新型シャトルホンダ 新型シャトルホンダ 新型シャトルホンダ 新型シャトルホンダ 新型シャトル
ホンダ フィットシャトルホンダ フィットシャトルホンダ フィットシャトルホンダ フィットシャトルホンダ フィットシャトル

動力性能

ホンダ 新型シャトル

動力性能は旧型に比べて向上した。まずは1.5リッターのノーマルエンジンだが、新型は直噴式を搭載する。旧型は最高出力が120馬力(6600回転)、最大トルクが14.8kg-m(4800回転)であったが、新型は132馬力(6600回転)/15.8kg-m(4600回転)に向上した。新型も少し高回転指向で4000回転を超えた領域で加速が活発になるが、それでも加速の仕方が骨太になっている。

ちなみにノーマルエンジンの車両重量は、旧型の15Xが1150kg、新型のGが1130kgだ。ホイールベースやボディを若干拡大しながら、少し軽くなった。

ハイブリッドモデルは新型がさらに有利になる。旧型は1.3リッターエンジンがベースでモーターの動力性能も低かったが、新型は排気量が1.5リッターに拡大されてモーターの出力も高まった。

ホンダ フィットシャトル

運転感覚をノーマルエンジンに当てはめると、旧型は巡航時にモーターの駆動力が適度な支援をしている状態でも1.5リッタークラスだ。新型は1.8リッター前後。エンジンとモーターの駆動力を合計したシステム最高出力も、旧型は98馬力だったが新型は137馬力になる。

変速機は新旧ともにATのみだが、旧型は無段変速のCVT、新型は2組のクラッチを使った7速DCTになる。

新型は有段式らしくメリハリのある運転が可能。その半面、モーター駆動のみの状態で走行中に素早くアクセルを踏み増したりすると、加速に移る時に若干の時間差が生じたりする。とはいえフィットハイブリッドが採用した初期の7速DCTに比べると、違和感はかなり解消されている。

進化度数:7点/10点(大幅に進化した)

[次のページに続く]

ホンダ シャトル 関連ページ

ホンダ フィットシャトル 関連ページ

ホンダ フィットシャトルハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シャトル の関連記事

ホンダ シャトルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シャトル の関連記事をもっと見る

ホンダ シャトル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27