autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 車名から”フィット”の名を取った理由とは ~ホンダ 新型 シャトル・シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎~ 3ページ目

試乗レポート 2015/5/27 10:42

車名から”フィット”の名を取った理由とは ~ホンダ 新型 シャトル・シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎~(3/5)

関連: ホンダ シャトル Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
車名から”フィット”の名を取った理由とは ~ホンダ 新型 シャトル・シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎~

斜め後方の視界に課題あり

ホンダ 新型 シャトル&シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎

次は運転感覚。運転席に座るとボンネットは見えないが、5ナンバーサイズだから車幅はおおむね分かりやすい。側方視界は平均的だが、前方視界も良好だ。

注意したいのは斜め後方で、サイドウインドーの下端が後ろに向けて持ち上がり、なおかつ荷室の両側はウインドーがかなり小さい(外観はガラスで覆っている)。開発者に尋ねると、荷室のウインドーが狭まった理由は2つある。まずはボディとサスペンションの取付剛性を高めたので、補強の部材が干渉してウインドーの広さに影響した。2つ目は後席のシートベルトの引き出し口を荷室の両側に設けたこと。リアドアのスグ後ろではベルトが同乗者の肩を確実にサポートできないから、後方に設置した。

後方視界は開発段階でも課題になり、形状を工夫している。「後退しながら駐車場から出庫する時など、側方から接近する車両が見えるように、荷室のウインドーをデザインした」とのこと。それでも購入するなら縦列駐車や車庫入れを試したい。

過不足ない性能を有するガソリンエンジンモデル「G」グレード

ホンダ 新型 シャトル&シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎ホンダ 新型 シャトル&シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎

エンジンは直列4気筒の1.5リッターで、ノーマルタイプとハイブリッドを用意した。両方ともフィットと同じチューニングが施される。

まずは「G」が搭載するノーマルエンジンだが、車両重量がフィット「15XL」より70kg重いものの、力不足は感じない。4200回転付近から速度の上昇が活発化する傾向があり、もう少し実用回転域の駆動力を高めて良いと思うが、2000〜3000回転付近でも相応の粘りを見せる。

高回転域の吹き上がりは良く、CVT(無段変速AT)との組み合わせでありながら、6000回転近くまで回る設定にした。エンジンノイズは静かではないが、音質を含めて耳障りには感じない。

[主力モデル「HYBRID」の乗り味は・・・次ページへ続く]

ホンダ シャトル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シャトル の関連記事

ホンダ シャトルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シャトル の関連記事をもっと見る

ホンダ シャトル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円