autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 車名から”フィット”の名を取った理由とは ~ホンダ 新型 シャトル・シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎~ 2ページ目

試乗レポート 2015/5/27 10:42

車名から”フィット”の名を取った理由とは ~ホンダ 新型 シャトル・シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎~(2/5)

関連: ホンダ シャトル Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
車名から”フィット”の名を取った理由とは ~ホンダ 新型 シャトル・シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎~

質感も高く、余裕たっぷりな室内空間

ホンダ 新型 シャトル&シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎ホンダ 新型 シャトル&シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎

車内に入ると、インパネのデザインは「フィット」や「グレイス」に似ているが、ソフトパッドを多く使う。装飾類の質感もコンパクトワゴンとしては満足できる。

シートの配列は基本的にフィットと同じだが、ワゴンではミドルサイズ並みに広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ半。これも現行フィットと同じだが、スバルの「レガシィアウトバック」とも等しい。頭上の空間は握りコブシ1つ半。フィットとは天井の形状が異なるため、シャトルに少し余裕がある。

座り心地については、前席は快適だ。座面の奥行寸法がタップリしていて、体の沈み方も適度。背もたれの高さも不足しておらず、肩の周辺までしっかりと支える。

いっぽう後席は床面へ落とし込むように小さく畳む機能もあるから、座面の柔軟性はいま一歩。それでもサイズに不足はなく、座面の前側を少し持ち上げたから腰の収まりも良い。前述のように足元が広く、床と座面の間隔も十分にあるから、大腿部のサポート性も申し分ない。ワゴンとして納得のできる居住性を備えた。

実用性が高く圧倒的に広い荷室空間には工夫もいっぱい!

ホンダ 新型 シャトル&シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎ホンダ 新型 シャトル&シャトルハイブリッド 試乗レポート/渡辺 陽一郎

荷室の容量は、シャトルのセールスポイントとあってかなり大きい。路面から荷室床面までの高さは540mmと低く、「N-BOX」の480mmには負けるが、フィットの610mmを大幅に下まわる。荷物の出し入れもしやすい。

荷室の新しい機能としては、マルチユースバスケットを設けた。後席の背面から引き出す棚状の収納スペースで、帽子、バッグ、花束など柔らかい荷物を置くのに適している。

このニーズはユーザーや同乗者によって異なるだろう。バッグなどを膝の上に乗せる同乗者には不要で、シートや荷室に置ける場合もある。逆に複数の柔らかい荷物を持っていて、乗車人数も多く、荷室の床が汚れている時などは便利かも知れない。

[実際に試乗してみてどうか・・・次ページへ続く]

ホンダ シャトル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シャトル の関連記事

ホンダ シャトルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シャトル の関連記事をもっと見る

ホンダ シャトル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円