autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 ホンダ S660 vs マツダ ロードスター どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2015/05/06 13:29

ホンダ S660 vs マツダ ロードスター どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎(3/4)

ホンダ S660 vs マツダ ロードスター どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎

ホンダ S660 vs マツダ ロードスター/動力性能対決

ホンダ S660

次は動力性能を比べる。S660のエンジンは直列3気筒の660ccでターボを装着した。最高出力は64馬力(6000回転)、最大トルクは10.6kg-m(2600回転)。使用燃料はレギュラーガソリンだ。

最大トルクは軽自動車のターボの中でも高い部類に入る。しかも2600回転で発生するから、軽自動車のギヤ比では、走行中は常にターボが作動している。運転感覚は1リッタークラスのノーマルエンジンと同等だ。

車両重量は6速MTが830kg、CVT(無段変速AT)が850kg。決して軽くないが、動力性能の不足も感じない。高回転域の吹き上がりは軽快で、許容回転数はCVTが7000回転、6速MTは7700回転まで高めた。

マツダ ロードスター

一方、ロードスターのエンジンは、現行型になって排気量を先代型の2リッターから1.5リッターに縮小させた。使用燃料はプレミアムガソリンで、最高出力は131馬力(7000回転)、最大トルクは15.3kg-m(4800回転)になる。

巡航中にエンジンが2000回転を下まわると駆動力が落ち込むが、それ以上の回転域なら不満はない。4000回転を超えた領域の吹き上がりも活発で、良く回るエンジンに仕上げた。

車両重量は「Sスペシャルパッケージ」の6速MTが1010kg、6速ATが1050kgになる。先代型に比べると100kg以上も軽くなったから、動力性能は先代型の2リッターに見劣りするものの、スポーツカーとしての加速力は備わる。

S660との対比でいえば、加速感が勝るのはロードスター。ただし差が付くのは主に最高出力が発揮される高回転域で、実用域ではあまり違いがない。

またコンパクトなスポーツカーでは、パワーをフルに出し切る楽しさもある。そこまで考えれば、両車ともボディサイズと車両重量に見合う性能だろう。

ホンダ S660 vs マツダ ロードスター/走行安定性対決

ホンダ S660ホンダ S660

操舵感と走行安定性は、ミッドシップと後