autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ホンダ S660、ついに「大物」エアロパーツ装備で大幅に生まれ変わった! 3ページ目

特別企画 2016/8/4 18:42

ホンダ S660、ついに「大物」エアロパーツ装備で大幅に生まれ変わった!(3/3)

関連: ホンダ S660 Text: 今井 優杏 Photo: 茂呂幸正
ホンダ S660、ついに「大物」エアロパーツ装備で大幅に生まれ変わった!

◆リアロアバンパー

ホンダS660×ホンダアクセス カスタマイズ企画第五弾ホンダS660×ホンダアクセス カスタマイズ企画第五弾

■価格:84,240円(税込)

ディフューザー形状に注目して欲しい。通常は縦のフィンが仕込まれることが多いのだが、テスト車で空力の要素を検証した結果、縦にフィンを入れると「効きすぎてしまう」ことが判明した。

「S660は軽自動車ですから、車体が軽いでしょう。慣性よりも空力が圧倒的に勝ってしまって、アンダー挙動が強くなりすぎてしまったんです」そのために敢えてつるんとした形状とし、前方からの空気の流れを生かす設計となった。

「その代わりに、ナンバーの左右の黒い部分、ここはデザイナーの自由に、想いのままデザインさせてもらいました!」

え?どういうことですか?

「この黒い樹脂部分は、なにをどうデザインしても、空力に全く影響しない部分だということが分かったんです。だから、ここは見た目にカッコよく、かつ“速そうな”フォーミュラカーを後ろから見たようなイメージでデザインを作ってみました」

こうした作り手の遊び心もきっちり散りばめられているあたりに、クルマへの愛を感じてしまった。

>>モデューロS660 カスタマイズ写真でチェック(画像47枚)

◆デカール(チェッカータイプ)

ホンダS660×ホンダアクセス カスタマイズ企画第五弾

■価格:16,200円(税込)

S660用には2種類のデカールが用意された。

チェッカー柄では風の流れを感じさせるような、まるでほどけるような動きのある表情を作っている。

ストライプではツヤとマットの同色異素材の組み合わせにロゴが入るのだが、この手法はホンダアクセスでも初めての試みだ。

デザインも空力の勉強から始まり

ホンダS660×ホンダアクセス カスタマイズ企画第五弾

今回、このモデューロS660の開発は、本機であるS660の開発と同じく、ホンダの鷹栖テストコースで行われている。

走行性能のため、一切の妥協を許されなかったのはモデューロS660も同じだったという。そのため、デザインも空力の勉強から始まり、空力がどう作用するのかをデザイナー自身もハンドルを握りながら実感して作り込んだのだそうだ。

「開発としては、アクセスチームとしても、決して順調かつスマートに進んだものではなかったんです。承認と試作を繰り返し、個人的な議論を、業務を越えたことろで重ねて出来たもの。だからこそ、最高の商品が出来上がったと思っています」

デザインと空力を両立させたこのエアロパーツ、インプレッションは追ってお届けしたい。

震えて待て!

[Text:今井優杏]

>>モデューロS660 カスタマイズ写真でチェック(画像47枚)

筆者: 今井 優杏

ホンダ S660 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ S660 の関連記事

ホンダ S660の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ S660 の関連記事をもっと見る

ホンダ S660 の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27