autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ホンダ S660、ついに「大物」エアロパーツ装備で大幅に生まれ変わった! 2ページ目

特別企画 2016/8/4 18:42

ホンダ S660、ついに「大物」エアロパーツ装備で大幅に生まれ変わった!(2/3)

関連: ホンダ S660 Text: 今井 優杏 Photo: 茂呂幸正
ホンダ S660、ついに「大物」エアロパーツ装備で大幅に生まれ変わった!

◆フロントフェイスキット

ホンダS660×ホンダアクセス カスタマイズ企画第五弾ホンダS660×ホンダアクセス カスタマイズ企画第五弾

■価格:108,000円(税込)

まずはフロントフェイスキットから見てみよう。

「グッドスタンス」とはホンダでよく使われる用語で、踏ん張り感を意味する。その印象をグッと高めているのが、まさに「LEDフォグライト」がはめ込まれるブラックアウトされた部分だが、この中にはよく見ると縦方向と横方向のモチーフが組み込まれている。

この手法は実は、ホンダ車の中でも過去、ビートにしか使われていなかったモノ。デザイン的にも面白い手法なのだが、ホイールアーチにかかる手前の出っ張りで空気の引っ掛かりとなる曲線を作ることで、コーナリングの際により曲がりやすくなるような空力の「キッカケ」を作っている。(これ、同じくホンダアクセスのコンプリートカ―、N-ONE ModuloXのバンパー角の黒の出っ張りも同じなのだそう。)

この縦横の出っ張り量の調整をしながらのデザインとなったが、実際に試作車ができるまでは、成功するかドキドキして待ったのだそうだ。(試作車で最終調整を施して完成となった。)

そのフォグライトのすぐ上、フロントライトとの間は、するっとなめらかな形状になっている。

「ボンネットから流れ落ちるラインをバンパーまで通さないで、敢えてライトで止め、バンパーコーナーはホイールアーチまで滑らかな曲面としています。デザイン的にはラインを通す方が常套手段なのですが、敢えてバンパーに縦のラインを入れないことで、バンパーの押し出し感を高め、空力にも貢献しました」

>>モデューロS660 カスタマイズ写真でチェック(画像47枚)

◆LEDフォグランプ

ホンダS660×ホンダアクセス カスタマイズ企画第五弾ホンダS660×ホンダアクセス カスタマイズ企画第五弾

■本体:30,240円 取付アタッチメント:12,960円/ 合計43,000円(税込)

続いて、LEDフォグランプ。

下半分だけが開口している、ちょっとメカっぽいイメージが印象的だ。まるでチベットの仏像のようではないか。ほら、あの半分開いた目でこの世を、閉じた目であの世を見てるっていうアレである。どうでもいいですか、そうですか。

そんなやおらありがたい気分にもなるこのライト、丸いフォグだと普遍性だけが強調されてしまう。先進性を表現するために開口を敢えて半分にした。

ホンダ S660 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ S660 の関連記事

ホンダ S660の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ S660 の関連記事をもっと見る

ホンダ S660 の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円