autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 日本人なら憧れる!スポーツカー対決「ホンダ 新型NSX」vs「日産 GT-R」 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2016/8/25 16:13

日本人なら憧れる!スポーツカー対決「ホンダ 新型NSX」vs「日産 GT-R」(3/4)

日本人なら憧れる!スポーツカー対決「ホンダ 新型NSX」vs「日産 GT-R」

アメリカの“匠”と“最新の生産技術”が融合したハイブリッドカー「NSX」

ホンダ 新型NSX

対して新型NSXは日米合同、つまり「オールホンダでの物作り」で勝負しているのが最大の違いだろう。

2012年のデトロイトショーでデザインコンセプトが登場。

ホンダ・伊東考紳社長(当時)は「新型アキュラスーパーカーはアメリカのR&Dチームで開発され、オハイオ工場で生産します」と語り、日本のファンはガッカリしたようだが、実際は車体の開発とクルマ全体のマネージメントはアメリカ中心に、パワートレインやスポーツハイブリッドSH-AWDなどの複雑な駆動トルク関連の開発は日本中心で開発が進められている。

ちなみに、生産はオハイオ州にあるメアリズビル四輪車工場に隣接のNSX専用工場「PMC(パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター)」で行なわれる。

PMCのベースとなったのは、初代NSXの生産が行なわれていた日本の高根沢ファクトリー。つまり、アメリカの“匠”と“最新の生産技術”のハイブリッドである。

ホンダ 新型NSXホンダ 新型NSXホンダ 新型NSXホンダ 新型NSXホンダ 新型NSX

最新の安全基準をクリアしながらも軽量化を実現

ホンダ 新型NSX

メカニズムは「V6-3.5L直噴ツインターボ」「9速DCT」「リアモーター」を縦置きに搭載。フロントには左右独立制御のモーターを搭載。ボディは複合素材ボディを採用している。

ちなみにオールアルミの初代NSXは車両重量が1300kg台だったが、新型NSXは1780kg。ただし、初代から2倍近い出力や3つのモーターとバッテリーの搭載、最新の安全基準をクリアさせながらのこの車両重量は、かなり凄い。

“走りの楽しさ”をアシストするデバイスも搭載

ホンダ 新型NSXホンダ 新型NSX

フロントの左右独立モーターを活用する「スポーツハイブリッドSH-AWD」は、ATTSやSH-AWD(油圧式)で進化させてきたトルクベクタリングの最高陣だが、NSXに最適な制御を採用。

ミドシップスポーツは安定性のために弱アンダーステアが基本だが、前輪のトルクベクタリングでアンダーステアを抑制し、これまでにない安心化とオン・ザ・レール感覚なライントレース性を実現している。

ただ、開発責任者のテッド・クラウス氏は、「コーナリングをアシストするのではなく、“走りの楽しさ”をアシストするデバイス」と語っている。

スーパースポーツのハンドリング、その多くが車両重量と高出力を手なずけるために安定方向のセットアップになることが多いが、新型NSXはハイパフォーマンスと初代NSXのようなピュアでFunなコーナリングマシンを両立しているはずだ。

NSXのネーミングの意味は「New Sportscar Experience」、新型にも「新たな驚き」が盛り込まれているのである。

ホンダ NSX 関連ページ

日産 GT-R 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ NSX の関連記事

ホンダ NSXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ NSX の関連記事をもっと見る

ホンダ NSX の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円