autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ 新型軽自動車「N BOX +(プラス)」試乗レポート/飯田裕子 2ページ目

試乗レポート 2012/7/25 20:58

ホンダ 新型軽自動車「N BOX +(プラス)」試乗レポート/飯田裕子(2/3)

関連: ホンダ N-BOX+ , ホンダ N-BOX Text: 飯田 裕子 Photo: オートックワン編集部
ホンダ 新型軽自動車「N BOX +(プラス)」試乗レポート/飯田裕子

様々なアレンジが可能なマルチボードと、傾斜した低床フロアが特長

ホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ(FF) ラゲッジ(スロープモード)ホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル(FF)[ボディカラー:ブロンズ&ホワイト]

ホンダ N BOX+は、N BOXに対しリヤシート位置を63cm前方に配置してラゲッジスペースを拡大。スペースのアレンジを助ける大きさの異なるマルチボード3枚の「マルチスペースシステム」と、ラゲッジ開口部に向かって斜めに傾斜したフロアが大きな特長だ。

後部開口部の地上高は、N BOXの48cmに対し、N BOX+では33cmとかなりの低さになった。これも、駐車の際に輪留めなどに配慮したギリギリの低さにこだわっているらしい。使い勝手の高まった荷室や低い床・・・よりアクティブな使い方へと想像を膨らますのは容易だ。

そんなアクティブなユーザー、例えば海へ山へと移動距離が長いユーザーも快適にするべく、N BOXではカスタムにのみラインナップされていたターボエンジン搭載モデルが、N BOX+ではノーマルモデルでも選べるようになった。

ノーマル/カスタムの2つのモデルラインナップが用意されているのはN BOXと変わらず。内外装の特長を表すディテールやエアロ系などのパーツも同様に採用されている。が、N BOX+のエクステリアの特長として、オシャレな2トーンカラースタイルを選べる点もN BOXとは違う。その場合、内装も外装色とコーディネイトされた専用のものとなる。

ホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル(FF)[ボディカラー:ブロンズ&ホワイト] フロントマスクはN BOXと変わらずHONDA N BOX + G・L Package 2tone color style[FF]ホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル(FF)[ボディカラー:ブロンズ&ホワイト] リアゲート下端がN BOXとの違いホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル(FF)[ボディカラー:ブルー&ホワイト]ホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル(FF)[ボディカラー:ブロンズ&ホワイト] エクステリア・リア

実際に車中泊するユーザーの立場に即した現実的なアレンジに好感

ホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ(FF) ラゲッジ(上段モード)ホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ(FF) ラゲッジ(ベッドモード)

大きさの異なる3枚のマルチボードとシートアレンジが生み出す、N BOX+のスペースアレンジは実に多彩だ。

日常使いなら、傾斜したフロアを仕切り上段をフラットなフロアとし、下段を収納スペースとして使うスタイル(上段モード)が一般的だろう。

フロント/リヤシートと2枚のボードをフラットに敷くと、身長190cmの大人も寝られるスペース(ベッドモード)になる。N BOXのカタログでは、フラットになったフロアで小学生の男の子が寝転がっていたが、N BOX+(プラス)では「190cmの大人も寝ころべる」様子が写真で紹介されている。この差は大きいし、より現実的な使い方として楽しめるだろう。

シートバックも他モデルより大型で、センターアームレストの隙間もなく、サイドサポートの張り出しも工夫されている。ベッドを使うユーザーの寝返りにも配慮しているのだそうだ。ベッドだけではなく、その下段の収納もたっぷりと用意されている。車中泊しながらドライブ旅行を楽しむ人を確実に意識したアレンジは、災害時の利用もイメージしているという。

アルミスロープをつけると、さらに使い勝手がアップ

ホンダ 「N BOX +(プラス)」のアルミスロープ(オプション)を使って、家庭用カセットボンベで動くHonda耕うん機「Pianta FV200」を乗せてみる!

アルミ製のスロープは別売だけれど、使い方は簡単。スロープをスライドさせていくときの滑らかな手応えが印象に残っている。この種の道具(モノ)にこだわる人たちの心をもくすぐるアフターパーツになりそう。

私はミニ耕耘機ピアンタを試しに出し入れしてみたが、室内高が高いおかげで、大人でもあまり背中を丸めずに動作が行える点もいいなと思った。ご家族に車椅子を使う方がいる場合でも、日常的な動作の際にストレスがかなり軽減されるはずだ。なお、牽引用ウィンチなどを装備した車椅子仕様車も、追って発売される予定となっている。

ホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル(FF)[専用ブラウン内装] インテリアホンダ 「N BOX +(プラス)」G ターボパッケージ(FF) ルーフコンソール付 17cmスピーカー(荷室後方)ホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル(FF)[専用ブラウン内装] リアシートホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル(FF)[専用ブラウン内装] フロントシートホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル(FF)[専用ブラウン内装] インパネ周り
ホンダ 「N BOX +(プラス)」G・Lパッケージ(FF) ラゲッジ(スロープモード:定員乗車時) 

【マルチスペースシステム】ホンダ N BOX+の「マルチスペースシステム」は、3つのマルチボードの組み合わせで多彩な空間アレンジが楽しめる。200kgの耐荷重性能を持ち、大人2名が横になったり、重い荷物を載せたりしても大丈夫なように設計。また後席との間にセットされる一番小さなマルチボードは、荷室と後席との隔壁としての役割も担い、万が一の急ブレーキ時にも荷物が後席に及ぼす衝撃を軽減してくれる

ホンダ N-BOX+ 関連ページ

ホンダ N-BOX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-BOX+ の関連記事

ホンダ N-BOX+の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-BOX+ の関連記事をもっと見る

ホンダ N-BOX+ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円