autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 2013ホンダ雪上試乗レポート「CR-V・N ONE・N BOXからアクティトラックまで! ホンダの市販車で雪上試乗を満喫!」編

試乗レポート 2013/3/9 00:00

2013ホンダ雪上試乗レポート「CR-V・N ONE・N BOXからアクティトラックまで! ホンダの市販車で雪上試乗を満喫!」編(1/2)

2013ホンダ雪上試乗レポート「CR-V・N ONE・N BOXからアクティトラックまで! ホンダの市販車で雪上試乗を満喫!」編

ホンダの「なう」がわかる雪上イッキ乗り!

ホンダが極寒の地、北海道Honda鷹栖テストコースをベースに雪上試乗会を実施した。乾いた路面に比べクルマの挙動がより明確に判る雪の上で、ホンダ車はどのような挙動をみせるのか。先進技術を搭載した試験車両から市販モデルまでをじっくり試乗してきた。[前編「プレシジョン・オールホイール・ステア」「スポーツ・ハイブリッドSH-AWD」編はコチラから]

今回は後編、「N-ONE」、「N BOX/N BOX+」(共に4WD車とFF車を用意)、ハイブリッドスポーツカー「CR-Z」(MT車)、コンパクトカー「フィットハイブリッド」(6速MT車とCVT車が用意されていた)、軽トラックの「アクティ」、SUVの「CR-V 24G」(4WD)、日本未導入の「アキュラRDX」といった市販車ラインナップだ。

N ONE・N BOXの4WDモデルの雪上性能の高さにびっくり!

ホンダ N ONEホンダ N BOX/N BOX +

前回の先進技術搭載車試乗に続き、今回は市販車編。なんと用意されていたすべての車種に試乗し、同じ条件下で一度にたくさん乗り比べることができた。だからこそわかったこともいろいろあったので、順にお伝えしたい。

人気の軽自動車Nシリーズ「N ONE」と「N BOX/N BOX+」は、それぞれFWD(前輪駆動)と4WD(4輪駆動)が用意されていた。

Nシリーズは、他メーカーでは登録車(白ナンバー)のコンパクトクラスですら、いまだオプション設定となっているケースの少なくない横滑り防止装置(ホンダでは「VSA」と呼ぶ)を、軽自動車としていち早く全車標準装備としたところがまず偉い!のだが、そのおかげで、圧雪~一部アイスという厳しい路面状況のEU郊外コースでも、無理しなければまったく不安なく走ることができた。

ホンダ N ONEホンダ N ONEホンダ N ONEホンダ N ONEホンダ N ONE
ホンダ N BOX/N BOX +ホンダ N ONE

とくに4WDモデルの安定感は、重心高の高いN BOXでも感心させられるものがあった。

FWDモデルは、VSAをOFFにして、あえてイジワルな運転操作をして試すと、やはりあっちこっち行きたがる感じ。アクセルを強めに踏めば前輪が空転するし、コーナリングでは、進入ではリアが流れてオーバーステア、立ち上がりでアンダーステアが出やすい。

もちろんVSAを再びONにすると、それら不安定な挙動はかなり収まるので、あらためてVSAの価値を再確認できたわけでもある。

その点、4WDモデルは終始安定している。 従来のホンダのデュアルポンプ式は反応が遅い面が見受けられたのだが、現在のリアルタイム4WDは、後輪のスリップを検知すると(その名の通り)瞬時に4WDに切り替わり、的確にリアに駆動力を伝えて押し出してくれる。FWDモデルよりもスリップする感覚が圧倒的に小さく、VSAの介入も少ない。

特に印象的だったのは、N-ONEの4WDの走りだ。今回、EU郊外コースを走行したすべてのクルマの中で、もっとも走りやすかった。軽量で、重心が低いということは、やはり雪上の走りにおいても優位性があることを再認識できたのだった。

ホンダ N-ONE 関連ページ

ホンダ N-BOX 関連ページ

ホンダ N-BOX+ 関連ページ

ホンダ CR-Z 関連ページ

ホンダ フィットハイブリッド 関連ページ

ホンダ CR-V 関連ページ

ホンダ アクティトラック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-ONE の関連記事

ホンダ N-ONEの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-ONE の関連記事をもっと見る

ホンダ N-ONE の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27