autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 【解説】ホンダ N-ONE(2014年マイナーチェンジ)新型車解説/渡辺陽一郎 2ページ目

新型車解説 2014/6/11 16:48

【解説】ホンダ N-ONE(2014年マイナーチェンジ)新型車解説/渡辺陽一郎(2/3)

関連: ホンダ N-ONE Text: 渡辺 陽一郎 Photo: Dan AOKI/本田技研工業株式会社
【解説】ホンダ N-ONE(2014年マイナーチェンジ)新型車解説/渡辺陽一郎

N-ONEのマイナーチェンジでN-WGNにも迫る好燃費を達成!

ホンダ N-ONE(2014年マイナーチェンジモデル)/ボディカラー:新色フレッシュライム・メタリック(2トーンカラースタイル)

最も注目されるのは、先に述べた「あんしんパッケージ」の採用だ。赤外線レーザーを使い時速30km以下で作動する衝突回避の支援機能、サイド&カーテンエアバッグをセットで設定している。

燃費はノーマルエンジン、ターボともに向上。従来型ではターボにアイドリングストップが装着されていなかったが、これも加えられた。

改良後のJC08モード燃費は、ノーマルエンジンが「28.4km/L」。ターボは標準ボディのツアラーAパッケージが「25.4km/L」、エアロパーツを備えたプレミアムツアラーが「23.4km/L」になる(いずれも前輪駆動の2WD)。

従来型に比べるとノーマルエンジンは「1.4km/L」、ターボは標準ボディで「2.2km/L」向上した。

この燃費数値は、Nシリーズの中ではN-WGNとN-BOXの中間に位置する。それでもN-WGNに比べて、ノーマルエンジンで0.8km/L、ターボで0.6km/L程度しか下がらない。

[※TOP画像に出演している後ろ姿の女性が気になる方は・・ホンダ N-ONE×柏木美里【濡れ湯美人】にて!]

25種類に拡大されたボディカラー、実質値下げでお買い得感がさらに強まった!

ホンダ N-ONE(2014年マイナーチェンジモデル)/N-ONE ボディカラーホンダ N-ONE(2014年マイナーチェンジモデル)/N-ONE G・Aパッケージ(FF) スペシャルカラースタイル 2トーン オプション装着車 インパネ (フレッシュライム・メタリック&ホワイト)

装備については、以前から全車に標準装着されていたフルオートエアコンに、プラズマクラスターの機能を追加。UV(紫外線)カットガラスにIR(赤外線)カットも加えている(Gグレードを除く)。

ボディカラーの選択肢も拡大。基本色としては、モノトーンとツートーンを含めて21種類が用意され、さらに4種類の「スペシャルカラースタイル」も加えた。合計すれば25種類にも達する。

そして価格設定は、割安感を大幅に強めた。従来型は内外装が上質な半面、価格が少し割高で、販売面でマイナスに作用していたからだ。

機能や装備に対して最も買い得なグレードは、標準ボディの「G・Aパッケージ」。車両価格は131万円(前輪駆動の2WD)で、従来型のG・Lパッケージ(グレード名が微妙に違う)に比べると、3万4,571円の価格上昇だ。

この金額で、衝突回避を支援するシティブレーキアクティブシステム/サイドエアバッグ(カーテンエアバッグは以前から装着)/ウインドーガラスのIRカット機能/オートエアコンのプラズマクラスター機能を加えたから、実質的に4~5万円の値下げである。

ホンダ N-ONE 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-ONE の関連記事

ホンダ N-ONEの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-ONE の関連記事をもっと見る

ホンダ N-ONE の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28