autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 【解説】ホンダ N-ONE(2014年マイナーチェンジ)新型車解説/渡辺陽一郎

新型車解説 2014/6/11 16:48

【解説】ホンダ N-ONE(2014年マイナーチェンジ)新型車解説/渡辺陽一郎(1/3)

関連: ホンダ N-ONE Text: 渡辺 陽一郎 Photo: Dan AOKI/本田技研工業株式会社
【解説】ホンダ N-ONE(2014年マイナーチェンジ)新型車解説/渡辺陽一郎

2012年、個性的なエクステリアでヒットしたN-ONEがマイナーチェンジ!

ホンダ N-ONE(2014年マイナーチェンジモデル)/N-ONE スペシャルカラースタイル

この数年間で、軽自動車の販売比率は急速に拡大。いまや新車として売られるクルマの40%以上を占めている。

売れ行きが伸びた背景にあるのは、小型&普通車からの活発な代替えだ。軽自動車の商品力が高まった結果だが、別の見方をすれば小型&普通車の魅力が薄れたともいえるだろう。

小型&普通車には海外向けの車種が増え、国内向けのミニバンには設計の古い車種も目立つ。軽自動車の高い人気は、小型&普通車に向けた“不満の裏返し”ともいえそうだ。

 軽自動車の好調な売れ行きを支えるのは、全高が1,600mmを超える車種だ。2014年5月の軽自動車・販売ランキングを見ると、1位が「ダイハツ タント」、2位が「スズキ ワゴンR」、これに「日産 デイズ」「ルークス」「ホンダ N-BOX」と続く。

軽自動車の販売総数のうち、70%以上が背の高い車種になった。これらの軽自動車は高い天井によって車内が広く、4名で乗車しても快適。荷室も使いやすく、タントやN-BOXにはスライドドアも備わる。

ミニバン的で高機能だが、外観はどれも似通った印象。趣味性を求めるクルマ好きには、ちょっと物足りない。

その意味で注目されるのが「ホンダ N-ONE」だ。

[※TOP画像に出演している女性が気になる方は・・ホンダ N-ONE×柏木美里【濡れ湯美人】にて!]

安全装備や燃費面で遅れを取っていたN-ONEだが、ここへきてライバルに追いついた!

ホンダ N-ONE(2014年マイナーチェンジモデル)/N-ONE G・Aパッケージ(FF) (プレミアムホワイト・パール)

1967年に登場した「ホンダ N360」をモチーフにデザインされ、フロントマスクやリアビューを個性的に仕上げた。

全高は1,610mmだから分類上は背の高い軽自動車だが、N-BOXやN-WGNに比べれば低い。内装も上質で、クルマ好きも「これなら満足」と納得できる。

ただし、実用指向の強い車種ではないから、販売台数は軽自動車の中堅レベル。N-BOXは2011年末に登場しながら今でも1ヶ月に1万5,000~2万台を売るが、N-ONEは2012年末の発売でも4,000台前後にとどまっている。

売れ行きが伸び悩むためか、N-ONEは「ホンダ Nシリーズ」としては安全装備や燃費に遅れが見えていた。

2013年末に登場したN-WGNは、自動ブレーキを作動できる衝突回避の支援機能、サイド&カーテンエアバッグをセットにした「あんしんパッケージ」を設定。

エンジンに改良を施し、燃費も向上させている。N-BOXも2013年末に一部改良を行い「あんしんパッケージ」を用意して燃費も改善した。それなのにN-ONEは、これらのバージョンアップを受けていなかった。

しかし2014年の5月15日にN-ONEのマイナーチェンジが実施され、ようやく(と表現して良いだろう)N-ONEにも変更が行われたのだ。

ホンダ N-ONE 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-ONE の関連記事

ホンダ N-ONEの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-ONE の関連記事をもっと見る

ホンダ N-ONE の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円