autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 N BOX vs N BOXプラス 買うならどっち!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2012/7/19 20:25

N BOX vs N BOXプラス 買うならどっち!?徹底比較(2/2)

N BOX vs N BOXプラス 買うならどっち!?徹底比較

【ホンダ N BOX vs N BOXプラス 燃費対決】標準モデルとターボモデルで“逆転”する燃費

ホンダ N BOXカスタム フロントイメージホンダ N BOX+(プラス)カスタム フロントイメージホンダ N BOXカスタム リアイメージホンダ N BOX+(プラス)カスタム リアイメージ

グレード構成は「N BOX」「N BOXプラス」ともに標準モデル以外にカスタムが設定されている。

さらに、ターボパッケージはN BOXがカスタムのみとなるのに対し、N BOXプラスでは標準モデルとカスタムモデルの両方でターボを選択することができる。

従って、グレードの選択肢はN BOXよりもN BOXプラスの方が広い。

車重については、ボディの後部にアレンジを加えたことでN BOXプラスがN BOXよりも車両重量が50kg増加した(カスタムでは40kg)。

ボディが重くなれば、燃費も変わる。

カスタムG・Lパッケージ(2WD)同士で燃費を比べると、N BOXは「22km/L」、N BOXプラスは「21.2km/L」(いづれもJC08モード)。

ところが、ターボでは燃費が逆転する。N BOXは「18.8km/L」で、N BOXプラスは車両重量が40kg増しているのに「19.4km/L」になる。

これは、装着されるタイヤの違いによる。

N BOX Gターボパッケージに装着されるタイヤは15インチ(165/55R15)。対するN BOXプラスは搭載エンジンにかかわらず14インチだ。14インチタイヤは低燃費指向、15インチタイヤはグリップ指向となり、転がり抵抗の差が大きい。ターボパッケージにおいてはN BOXプラスの14インチタイヤが奏効し、車両重量が40kg重いのに燃費が勝る結果となった。

ただし走行安定性の高さで選ぶなら、15インチタイヤを履いたN BOXのカスタムGターボパッケージになる。

【ホンダ N BOX vs N BOXプラス 価格対決】N BOXプラスの価格上昇はおよそ10万円ほど

ホンダ N BOX+(プラス)3台集合

N BOXプラスには標準ボディとカスタムが設定され、それぞれにノーマルエンジンとターボエンジンが用意される。

さらに2トーンカラースタイルも5万2500円で設定。ボディがブルーとブロンズ(茶色)の場合は天井がホワイト。ボディがピンクの場合は天井がブラックに塗装される。

車両価格は、左側スライドドアの電動機能・ハーフシェイドフロントウィンドウなどを加えた標準ボディのG・Lパッケージが146万円。軽自動車としては高価だが、車内が広くて高機能な上に、アイドリングストップや横滑り防止装置も標準装着。機能と装備を考えれば納得できるだろう。

ホンダ N BOX+(プラス)リア側スピーカー

N BOXとの価格差は、カスタム G・Lパッケージ(タイヤサイズとスタビライザーの装着が共通)で10万円の上昇だ。

リアシートのアームレストやヘッドレストの上下スライド機能は付かないが、リア側の2スピーカーとルーフコンソールは標準装着。装備レベルは同等だから、ボディ後方のアレンジに支払われる価格が10万円と考えれば良い。

注意したいのは「サイド&カーテンエアバッグ」。N BOXには10.5万円でオプション設定されているが、N BOXプラスでは選択できない。

【ホンダ N BOX vs N BOXプラス 総合評価】

大人4名、あるいはリア側にチャイルドシートを装着して親子で乗車する使い方には、N BOXが適する。

ホンダ N BOX リアシート

リアシートの足元空間が広く、ゆったりと快適に座れるからだ。

N BOXプラスに備わらない座面を左右分割して持ち上げる機能も付き、N BOXなら車内で子供の着替えなども行いやすい。

また、床が低くてフラットになるシンプルな荷室を求める場合もN BOXが良い。路面から床までの高さがN BOXプラスよりも100mm低く、大容量で使いやすい。

ならば、N BOXプラスの価値とは何か。大きく分けて3つある。

1つ目は、荷室床面の後端がスロープになっていて、重い荷物を積みやすいこと。この機能は車椅子ごと乗車する福祉車両に発展させた時、大きなメリットになる。

2つ目は水平にマルチボードを装着した時、スロープの部分を大容量のアンダーボックスとして使えることだ。

3つ目はマルチボードを上段に装着した時、就寝可能な広いスペースが得られること。この3つの機能を活用できて、なおかつそこに10万円以上の価値があると判断できたならN BOXプラスを選びたい。ボディをここまで大掛かりに変更して、価格アップが10万円ならばとても安い。

ただし、プラスされた機能を使いこなせないと意味は薄れ、3つの価値に魅力を感じない場合はN BOXで十分である。

ホンダ N BOX+(プラス)バイクの積載イメージホンダ N BOX+(プラス)福祉車両モデルホンダ N BOX+(プラス)福祉車両モデルホンダ N BOX+(プラス)福祉車両モデルホンダ N BOX+(プラス)福祉車両モデル

ホンダ N-BOX 関連ページ

ホンダ N-BOX+ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-BOX の関連記事

ホンダ N-BOXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-BOX の関連記事をもっと見る

ホンダ N-BOX の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28