autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ホンダ 新型軽自動車「N BOX」新型車解説 2ページ目

新型車解説 2011/11/30 09:50

ホンダ 新型軽自動車「N BOX」新型車解説(2/3)

関連: ホンダ N-BOX Text: 松下 宏 Photo: 茂呂幸正
ホンダ 新型軽自動車「N BOX」新型車解説

ホンダ独自のパッケージングでライバルを圧倒

ホンダ N BOX カスタム G・Lパッケージ リアシート
ホンダ N BOX カスタム G・Lパッケージ チップアップ機構付きリアシートホンダ N BOX カスタム G・Lパッケージ ラゲッジ[5:5分割式リアシート・前倒時]

軽自動車なのでボディの全長と全幅はどのクルマでも同じだが、全高は思い切り高い1770mmの設定。これはタントよりも20mm高い。ホイールベースは思い切り長く、ライフに比べると100mm、これまでの軽自動車で最も長いタントとの比較でも30mm上回っている。 当然ながら室内空間は広い。2180mmの室内長、1400mmの室内高はいずれもタントを上回っている。これは相当に広い軽自動車と思っていい。

運転席に座ると高めのシートポジションによって開けた視界が確保され、さらにアンダーミラーやサイドビューサポートミラー、広角ドアミラー、後方視界支援ミラーなどによって周辺を見やすくしているので、運転のしやすい安全なクルマになっている。

 しかも両側にスライドドアを採用することで乗降性に優れるほか、大きな開口部を持つテールゲートによって自転車などの積み下ろしも楽々といった感じだ。

さらに後席のシートは片側ずつダイブダウンしてフラットなラゲッジスペースを作ることが可能だし、片側ずつ座面をチップアップして背の高い荷物を積むこともできる。この使い勝手は相当なものだ。ほかにも豊富な収納スペースを持つなど、使い勝手はいろいろと工夫されている。

動力性能と燃費が高次元にバランス

ホンダ N BOX カスタム G・Lパッケージ  直3 660cc S07A型 DOHCエンジンホンダ N BOX カスタム G・Lパッケージ 155/65R14 75Sタイヤ+専用アルミホイール

搭載エンジンは新開発3気筒DOHCで、自然吸気仕様が43kW(53ps)/65N・m、ターボ仕様が47kW(64ps)/104N・mのパワー&トルクを発生する。これにホンダの軽自動車では初めてのCVTvアイドリングストップ機構を組み合わせることで、それぞれ24.5km/Lと21.0km/Lの燃費を達成している。

燃費のデータは軽自動車トップではないが、タントなど同タイプの軽自動車と比べると優れた数値である。ECONボタンによって燃費の良い走りをしやすい設定にしているほか、メーターに表示されるコーチング機能によって、視覚的に燃費の良い走りが分かるようになっている。

ホンダ N-BOX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-BOX の関連記事

ホンダ N-BOXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-BOX の関連記事をもっと見る

ホンダ N-BOX の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26