autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ホンダ インスパイア 新型車解説

新型車解説 2007/12/19 15:50

ホンダ インスパイア 新型車解説

関連: ホンダ インスパイア Text: Photo: 原田淳
ホンダ インスパイア 新型車解説

新型インスパイア誕生

エンブレムイメージ

ホンダから、5代目となる新型インスパイアが誕生した。ホンダの上級クラスセダンの位置付けであるインスパイアは、かつてセイバーという車種と、2代目以降人気姉妹モデルとして上級セダングレードに君臨していた。

しかし4代目からセイバーは廃止。事実上、インスパイアへの併合という形で、単独モデルとしてのラインナップ形成が復活した。そんな5代目となる新型インスパイアには、どのような魂が込められているのだろうか。

新型インスパイアは、35iLと35TLの2グレードを設定。従来インスパイアが受け継いできたHONDA DNAが染み込んだ走りや、存在感・力強さ・ダイレクト感といった、スポーティーな魅力を磨き上げた。特にどの角度から見てもドッシリと安定感あるデザインなど、実用性や操作性といった、質の深さまでも徹底的に追求したという。

また、低床化により余裕が生まれた広々とした新たな室内空間は、後席膝空間を35mmも拡大しており、フラッグシップセダンさながらのリア席空間を実現。これは全長4940mm×全幅1845mm×全高1475mmの新たなプロポーションが成し得た技であるということを改めて実感させられる。そして、V6 3.5Lエンジンにも関わらず嬉しい低燃費。おまけにレギュラーガソリン仕様を実現させたスマートさは、まさに「歓びと快適」の新境地を示していると言える。

風格と躍動感あふれるデザイン展開

アクティブ・クルーズ・コントロール ミリ波レーダー

新型インスパイアのエクステリアデザインは、上級セダンらしい風格を表現しており、力強さの中にもシャープで繊細さを感じさせるプロポーションになっている。上級セダンとしての佇まいと、俊敏で鋭い印象をデザインから感じ取ることができる一方、長くて分厚いフロントノーズが堂々としており、パワフルな走りを想像させてくれる。

またルーフラインを短く見せることでキャビンがコンパクトに感じられ、軽快ささえもプラスされている。フロントフェイスでは、六角形の大型フロントグリルが特徴的。直線基調の4辺に対して、微妙にアールをあしらえた下2辺が、新型インスパイアという存在感を表している。

そしてこのグリルに向かって鋭く落とし込んでいくかのようなヘッドライトは、スピード感を充分に表しており、精悍でありながらスポーティな表情を垣間見れる。サイドビューは、一言で表現すると“鍛え上げられた筋肉”のようなプロポーションを披露。また、彫刻刀で彫りこんだ様な鋭いキャラクターラインが、アクセントとして効いている。リアビューは、キャビン全体の安定感を象徴するかのようなドッシリとした塊感を魅せる。この迫力あるリアビューは、サイドから大きくリアへと回り込む面の流れが成し得たもの。リアランプと組み合わせると一層大胆に、且つ綺麗な纏まり感を披露している。

フロントスタイリングリアスタイリングフロントビューリアビューサイドビュー
ダッシュボード

一方インテリアでは、運転席と助手席の間隔を広げ、両席の間に幅を45mmも拡大した大型センターアームレストを配置している。ドアを開ければ、室内が広く感じられるだろう。

インテリアデザインは全体的にエレガントに感じられる。インテリアの顔となるセンターパネルを中心に、金属調デザインのインパネミドルパッドと立体造形の木目調パネルが左右へ弧を描きながら広がる。このデザインは、たとえ内装がブラックで統一されていても、充分な広さが感じられ、リラックスできる空間を演出している。

インパネミドルパッドには金属感のあるヘアラインモチーフを採用。革シボや木目とは異なる新しい素材表現で、先進感や上質感をより強めている。ステアリングホイールは、木目とレザーの2タイプを設定しており、どちらも洗練された雰囲気を醸しだしている。さらに、柔らかな感触と優れた耐久性を持つブラックレザーにブラウンのステッチを組み合わせた、シックなコーディネイトのレザーインテリアをオプションで用意している。

また、フロントシートにはオプションで、冬季などに重宝するシートヒーターを備えている(レザーシートのみ)。リアガラスには、強い日差しを遮り、後席の快適性を高める電動サンシェイドを装備。後方視界を考慮したメッシュタイプとしている。この電動サンシェイドは、シフトレバー横にあるプッシュスイッチで上昇/下降が行えるほか、シフトレバーをリバースの位置にすると自動的に下降する仕組みだ。その他にも、新たにトランクルームも荷室長を54mmも拡大しており、余裕の510Lを確保。よりラグジュアリーにファーストクラスさながらの、くつろぎ感をまとったインテリアは注目である。

レザーインテリアフロントシートリアシートトランクシートアレンジ

新開発V6 3.5L i-VTECエンジンは優れもの

V6 3.5L i-VTECエンジンシフトメータータイヤ&アルミホイール

新型インスパイアのエンジンは、新開発のV6 3.5L i-VTEC 最高出力(206kW[280PS]/6,200)、最大トルク(342N・m[34.9]/5,000)の1機種。 5速ATトランスミッションを採用しており、使用燃料はレギュラーガソリンとしながらも、この高出力・高トルクを達成している。ガソリン価格が高騰を続けている中での、なんとも嬉しい配慮だ。

ビッグセダン=ハイオクと、もはや当たり前のことと感じる今、レギュラーガソリンでこのハイクラスセダンを動かせるならば、気にせずにはいられないだろう。

エンジンメカニズムは、6気筒、3気筒燃焼に加え、4気筒での燃焼も可能とし、さらなる実用燃費向上を実現している。発進・加速時や登坂時など高出力が必要な場合には、6気筒全てを作動させて高い動力性能を確保。クルーズ時など比較的低い出力で走行できる場合には、片側3気筒を休止させて3気筒(1.75L)状態で走行。

さらにこれまで気筒休止状態にならなかった比較的高い速度域での緩やかな加速時に4気筒(2.33L)状態で走行することで、高速走行時の燃費性能を向上している。しかも気筒休止時には休止シリンダーの燃料噴射を停止するほか、休止シリンダー内を密閉状態に保つことで吸排気に伴うポンピングロスを低減。より一層の低燃費化を図っている。

また、エンジン振動を予測し打ち消す作動を行う、アクティブコントロールエンジンマウントを採用しており、心地よいエンジン音を楽しめる。走行性においては、安心感ある高いスタビリティや、軽快かつ確かな手応えのハンドリング、しなやかでフラットな乗り心地を高次元で両立するために、低重心化と、ワイドトレッド&ロングホイールベースを活かすサスペンションジオメトリーを追求している。

シャシー各部の高剛化及びリアフローティングフレームや225/50R17の大径・ワイドタイヤの採用などと合わせ、操縦安定性と乗り心地を高いレベルで両立。さらにVGR(可変ステアリングギアレシオ)の採用やブレーキバランスの向上などにより、リニアな操作感を実現している。

ダイナミズムとインテリジェンスが見事に両立した、新型インスパイア。きっと、走りだす歓びに“INSPIRE”させられてしまうのだろう。

ホンダ インスパイア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ インスパイア の関連記事

ホンダ インスパイアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ インスパイア の関連記事をもっと見る

ホンダ インスパイア の関連ニュース

  • ホンダ、インスパイアをマイナーチェンジ

    自動車ニュース

    ホンダ、インスパイアをマイナーチェンジ

    ホンダは、スポーティーな走りと洗練されたスタイリングで好評の上級セダン「インスパイア」をマイナーモデルチェンジし、本日発売する。新しいインス....

  • ホンダ インスパイアが一部改良

    自動車ニュース

    ホンダ インスパイアが一部改良

    ホンダは、インスパイアを一部改良した。価格は、330.0万円の設定となる。(税込)ドアおよび車体フロント回りなど、音の経路に遮音材を追加し静....

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円