autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ インサイト 雪上試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/2/19 15:08

ホンダ インサイト 雪上試乗レポート(2/2)

関連: ホンダ インサイト Text: 清水 草一 Photo: 本田技研工業株式会社
ホンダ インサイト 雪上試乗レポート

以外にも?シャープで曲がるのが気持ちいい

インサイトインサイト

インサイトが雪道の上でどうかというと、走りがとても小気味よかったです。

電気モーターのアシストもあって、発進はスムーズ。インサイトはFFだから、エンジンやモーターの重みが駆動輪(前輪)にかかってトラクションは十分だ。私は雪道で、FF車+スタッドレスタイヤで困ったことは一度もない。4WDは緊急脱出用+安心材料みたいな感じですな。

で、インサイトの場合、雪道でも思った以上にシャープに向きが変わってくれて、曲がるのが気持ちいいんだよね。やっぱり重心が低いのが効いてるよ。

全高が低いだけじゃなくて、バッテリーなどのハイブリッドパワーユニットが床下にあって、さらに重心が低くなってるんだよね。でも、ホイールベースは長いので全体の動きはちょうどいいマイルドさ。

ハイブリッドカーは電池を積んでいるから、電池=低温に弱いんじゃ?と思う方もいるかもしれませんが、当日の零下10度の環境でも、電池性能は特に低下してませんでした。

バッテリーには当然耐温対策がしてあって、北海道内陸部でもまず大丈夫だそうです。これが電気自動車だと、電池がダメになると動かなくなっちゃうからウルトラシビア。

電気自動車って、実際街中を走ってると、「あと何キロ走れるか」って、結構プレッシャーなんだよね。なにせ充電できる場所がまだ限られてるから。

けどハイブリッドカーは、たとえば零下40度にまで下がって電池が一時的に性能低下したとしても、エンジンで走れるから安心だ。

こういう北国での使用なんかも考えると、電気自動車が主役になる日はまだ遠いかもしれない。当分の間、あと20年くらいはハイブリッドカーが時代のメインを張ると見るべきでしょうか。

筆者: 清水 草一

ホンダ インサイト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ インサイト の関連記事

ホンダ インサイトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ インサイト の関連記事をもっと見る

ホンダ インサイト の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円