autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【清水草一試乗記】このクルマ、乗ればわかるさ!!vol.3 新旧ハイブリッドカー超絶徹底比較 2ページ目

試乗レポート 2009/4/1 00:00

【清水草一試乗記】このクルマ、乗ればわかるさ!!vol.3 新旧ハイブリッドカー超絶徹底比較(2/4)

【清水草一試乗記】このクルマ、乗ればわかるさ!!vol.3 新旧ハイブリッドカー超絶徹底比較

現行プリウスの奥深さ

フロントスタイリング

ではまず、現行プリウスから解説しよう。

プリウスは、ガソリンエンジンと電気モーターの受け持ち比率が5:5に近い、ハイブリッドカーのサラブレッドだ。初代プリウスは、この比率が2:1程度でガソリンエンジンがまさっていたが、現行はほぼ5:5。これによって、海より深いハイブリッド・ワールドが開けている。

プリウスのエコランテクを簡単に解説しよう。発進時は、低速トルクが極太の電気モーターになるべくやらせるべし。つまり、電気モーターだけで発進し、可能な限りそれで速度を上げる。ここまではアクセルは抑えめだ。

エンジンが始動したら、ある程度アクセルを開いて、ススッと加速してやる。ガソリンエンジンは、アクセル開度がある程度大きい方がポンピングロスが少なく、エネルギー効率がいいからだ。

で、狙った速度に達したら、次の信号まで可能なかぎり惰性で走る(エンジンは停止)。この惰性にも、超絶微妙なアクセル開度により、「モーターでじわっと加速or速度維持」「ニュートラル状態で完全惰性」「完全オフで回生ブレーキを効かせつつのゆるやかな減速」の3種類あるので、それを状況に合わせてうまく使い分ける。どや? 深いやろ!?

インパネリアシートフロントスタイリングリアシート

ホンダ インサイト 関連ページ

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ インサイト の関連記事

ホンダ インサイトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ インサイト の関連記事をもっと見る

ホンダ インサイト の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円