autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ホンダ フリードスパイク 新型車解説

新型車解説 2010/7/8 13:52

ホンダ フリードスパイク 新型車解説(1/2)

関連: ホンダ フリードスパイク Text: オートックワン 編集部 Photo: 村西一海
ホンダ フリードスパイク 新型車解説

フリードスパイクで“なんでもあり”のカーライフ!

フリードスパイクフリードスパイク

「備えあれば憂いなし」

まさにそんな言葉がピッタリのクルマがホンダから登場した。その名は「フリードスパイク」。

フリードの前身でもあるモビリオにもスパイクというモデルが存在していたが、つまりはその後継にあたるクルマだ。フリードスパイクを一言で表すと「なんでも来い!」のクルマだ。

大きな荷物は勿論のこと、自転車だって2台も積めるし、2列目シートをたたんでしまえば人だって2人は横になって寝ることができる。ってことは「テントなしの車中泊」もOKってこと。

そんなわくわくさせるフリードスパイクのデザインは、リアクォーターウィンドウを廃したデザインが特徴。まさにコンテナを背負ったミニバンという感じで、ルックス自体これはこれで面白いスタイリングだと思う。

前身のモビリオスパイクも同様の表現手法が採られていたが、今度のフリードスパイクは、リアクォーター部分に横基調の凸ラインをアクセントとして施し、いかにも“なんでもアリ”の万能性をうまくアピールしているといった感じだ。

遊び心をくすぐるラゲッジルームのサプライズ

フリードスパイク

ホンダが得意とする「遊び心」を取り入れた機能は、まず大きなテールゲートを開けた瞬間から感じられる。

BOXYなラゲッジスペースは冒頭でも述べたように、何でも放り込めてしまう広大な空間だ。自転車を2台積んでも実はまだまだスペースはある。

折りたたんだテントやBBQセットなら追加で載せられるだろう。もちろんアクティブギアを目指したスパイクだから、長尺モノのロングサーフボードや、フィッシングロッドもOKだ。

フリードスパイク

ルーフには、前後1,125mm×左右770mmの大型スカイルーフ(オプション)や、ラゲッジルーム両側面には、ご丁寧に収納式のビルトインテーブルやカーゴスポットライトも備え、リアサイドユーティリティが充実。日本一周どころか世界一周だってこのクルマとなら可能だ。しかも宿要らずで。

ただ1つだけ残念なのが、ラゲッジルームにシガーソケットや、AC電源が無いこと。アウトドアでは欠かせない、あると嬉しい装備のひとつだったりするだけにチョット残念だ。

ただ、その代わりと言ってはなんだが、ラゲッジルームには、もうひとつサプライズが存在する。それはラゲッジフロアボードの仕掛けだ。

どいうものかと言えば、自転車を積載するとき、乗せやすいようにスロープが 現れるというものだ。実はこのラゲッジフロアボードは表と裏の反転式となっており、通常の荷物を載せるときはフラットな表側を使用して安定感を持たせる。

そして、自転車を載せるときは裏返しにしてスロープ面を利用するというもの。とてもシンプルな構造だが、これがなかなか他には無い仕掛け。

また、後退時の運転をサポートする「後方死角支援ミラー」をテールゲート上部に設置。死角となりがちなエリアを確認することができるお手軽ミラーなのだ。

フリードスパイクフリードスパイクフリードスパイクフリードスパイクフリードスパイク

ホンダ フリードスパイク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フリードスパイク の関連記事

ホンダ フリードスパイクの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フリードスパイク の関連記事をもっと見る

ホンダ フリードスパイク の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円