autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ フリードハイブリッド・フリードスパイクハイブリッド 試乗レポート/清水草一

試乗レポート 2011/12/8 19:52

ホンダ フリードハイブリッド・フリードスパイクハイブリッド 試乗レポート/清水草一(1/3)

ホンダ フリードハイブリッド・フリードスパイクハイブリッド 試乗レポート/清水草一

ホンダはスペースの優位性にこそ活路あり!

フリードハイブリッドフリードハイブリッド

ホンダのハイブリッドカーは、スペースがウリのクルマでこそ生きる!

それは、ホンダのハイブリッドシステムがアシスト型の簡易タイプで、それだけコンパクトでスペースを取らないからだ。

ホンダは、09年に発表したインサイトで、「お安く買えるハイブリッドカー」をアピールしたが、後出しじゃんけんのトヨタが、3代目プリウスの価格を思い切って下げたことで、目論見は粉砕されてしまった。

が、その後登場させたフィット・ハイブリッドはヒット。プリウス追撃の一番手となった。

それは、フィットがもともとスペース性にすぐれたコンパクトカーで、ホンダのハイブリッドシステムは、そのスペース性をほぼまったく損なわなかったからだ。

ホンダのハイブリッドシステムは、アシスト型であるがゆえに、燃費ではトヨタのフルハイブリッドにかなわないが、強みは省スペース性にあるのだ。

フィットに続いてホンダは、フィットシャトル・ハイブリッドを投入。これまたかなりの支持を得た。

私は、プリウスαの5人乗りより、フィットシャトル・ハイブリッドの方がはるかにコスト・パフォーマンスが高いと見ている。

そして今回追加されたのが、ミニバンタイプのフリード/スパイク・ハイブリッドだ。

フリードスパイクハイブリッドフリードスパイクハイブリッドフリードスパイクハイブリッドフリードスパイクハイブリッドフリードスパイクハイブリッド

ホンダは自分たちの技術が生きる道を、完全に見出したようだ。

今回もホンダのハイブリッドは、スペースをほとんど犠牲にしていない。ハイブリッド用バッテリーを荷室の床下に積んでいるため、両方とも荷室の床面が数センチ高くなっているが、言われなければまったくわからないレベルだ。

フリードハイブリッドフリードスパイクハイブリッド

フリードは、その少し盛り上がった部分の上に3列目シートが配置されるが、シートの足を短くすることでクリア。

フリードスパイクの方は、反転フロアボードを3.5センチ薄くしただけで済んでいる。スペース的には、ハイブリッドカーであることをまったく意識する必要がないように仕上がっている。

これがトヨタのフルハイブリッドだったら、どうだろう。エスティマやアルファードのハイブリッドモデルは、センターコンソール下にバッテリーを積んでいるため、ウォークスルーができなくなり、なんとなく窮屈さを感じる。

ボディの大型化に対応して、モーターやバッテリーも大幅に強化しているから、価格の上昇幅も大きい。

ホンダのハイブリッドシステムは、トヨタのそれに比べると技術的にはぜんぜんかなわないが、スペース性では明らかに優位。

つまりそれを生かせる車種に搭載すればいい、ということだったのだ。

ホンダ フリードハイブリッド 関連ページ

ホンダ フリードスパイクハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フリードハイブリッド の関連記事

ホンダ フリードハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フリードハイブリッド の関連記事をもっと見る

ホンダ フリードハイブリッド の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円