autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ フリードハイブリッド・フリードスパイクハイブリッド 試乗レポート/清水草一

試乗レポート 2011/12/08 19:52

ホンダ フリードハイブリッド・フリードスパイクハイブリッド 試乗レポート/清水草一(1/3)

ホンダ フリードハイブリッド・フリードスパイクハイブリッド 試乗レポート/清水草一

ホンダはスペースの優位性にこそ活路あり!

フリードハイブリッドフリードハイブリッド

ホンダのハイブリッドカーは、スペースがウリのクルマでこそ生きる!

それは、ホンダのハイブリッドシステムがアシスト型の簡易タイプで、それだけコンパクトでスペースを取らないからだ。

ホンダは、09年に発表したインサイトで、「お安く買えるハイブリッドカー」をアピールしたが、後出しじゃんけんのトヨタが、3代目プリウスの価格を思い切って下げたことで、目論見は粉砕されてしまった。

が、その後登場させたフィット・ハイブリッドはヒット。プリウス追撃の一番手となった。

それは、フィットがもともとスペース性にすぐれたコンパクトカーで、ホンダのハイブリッドシステムは、そのスペース性をほぼまったく損なわなかったからだ。

ホンダのハイブリッドシステムは、アシスト型であるがゆえに、燃費ではトヨタのフルハイブリッドにかなわないが、強みは省スペース性にあるのだ。

フィットに続いてホンダは、フィットシャトル・ハイブリッドを投入。これまたかなりの支持を得た。

私は、プリウスαの5人乗りより、フィットシャトル・ハイブリッドの方がはるかにコスト・パフォーマンスが高いと見ている。

そして今回追加されたのが、ミニバンタイプのフリード

ホンダのハイブリッドカーは、スペースがウリのクルマでこそ生きる!

それは、ホチわなかったからだ。ッドシステムがアシスト型の簡易タイプで、それだけコンパクトでスペースを取はるかにコスト・/p>

ホンダは、09年に発表したインサイトで、「お安く買えるハイブリッドニバンタイプのフリーたが、後出しじゃんけんのトヨタが、3代目プリウスの価格を思い切って下げたことで、目論見は粉砕さわなかったからだ。

が、その後登場させたフィット・ハイブリッドはヒット。プリウス追撃の一番手れたコンパクトカーで0)リッドシステムは、そiginal="htはin> e tef="cmages/930293/0ドシーid="-gpt-ad-1384846761227-530293