autoc-one.jp 記事・レポート 特集 室内探検隊 室内探検隊!第1回 ホンダ フリード 「シート&ラゲッジ編」 2ページ目

室内探検隊 2009/8/12 12:00

室内探検隊!第1回 ホンダ フリード 「シート&ラゲッジ編」(2/3)

関連: ホンダ フリード Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン編集部
室内探検隊!第1回 ホンダ フリード 「シート&ラゲッジ編」

3列目シートを使うと

3列目シートのヘッドレストは、リアゲートに接近!3列目のシートを使用する状態でのラゲッジスペース

3列目シートをキチンと使える状態にすると、伸ばしたヘッドレストはリアゲートにくっつきそうな位置になっちゃいます。

だから、ラゲッジスペースはシートバックの下部限定!という状況。

それでもフロアレベルでは、幅1m×奥行30cm程度の広さが確保されているから、小さいボストンバッグなら4つ程度は積めるかな。

でも、積み上げたボストンバッグは、バックドアを開けた時に崩れてくるかもしれないから、ちょっと気をつけた方がいいかもしれません。

3列目折り畳み時(シートバックを倒すのみ)

3列目のシートバックを倒しただけの状態のラゲッジスペース

フリードの3列目は、左右へ跳ね上げて折り畳む方式。ワタシも試してみたのだが・・・重っ!女性は結構、苦労するかも。

だから、ちょっとしたモノを積む程度ならばシートバックのみを倒して、その上に荷物を置く方がいいですね。

この場合でも、幅130cm×高さ80cm×奥行100cm程度の空間は確保できますので、かなり大きなものでも入っちゃいます。

もちろん、シートの上に乗せるから底面はデコボコしちゃいますけど。

3列目折り畳み時(シート跳ね上げ時)

3列目シートを折り畳んだ状態でのラゲッジスペース

3列目シートを跳ね上げてみると、幅70cm×高さ125cmの空間ができます。

この幅70cmというのは、跳ね上げたシート間の一番狭いところを測ったものなので、場所によってはもっと広く使えますよ。

奥行きについては、2列目シート最前位置で125cm、最後位置で100cmとなかなかのもの。

えっ?狭い?いやいや、フリードはコンパクトミニバンということをお忘れなく。

荷物を積み込んでみた

斜め後ろより撮影。ダンボールを10箱積載可能。

2列目シートを前後スライドの中央位置付近にセットした状態で、幅45cm×高さ35cm×奥行35cmのダンボール箱を積んでみたところ、何と10個も飲み込んでしまった。

ご立派!引っ越しにも十分使えますね!

総括

3列目シートは「せーの!」とひとりで(笑)掛け声を上げつつ、左右に跳ね上げる感じなので、女性ひとりではツライかなと思われます。

荷物を運ぶ時は、シートバックだけを倒して積み込むのがやっぱり便利ですね。

または、普段は3列目を跳ね上げておいて、5人以上乗る時だけシートを展開するかですね。

7人乗り状態でのラゲッジスペースは、ちょっと心もとないので、上記のどちらかがオススメです。

ホンダ フリード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フリード の関連記事

ホンダ フリードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フリード の関連記事をもっと見る

ホンダ フリード の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円