autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ フリード「再リードを狙うホンダの重要モデル」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

試乗レポート 2017/1/2 09:30

ホンダ フリード「再リードを狙うホンダの重要モデル」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

ホンダ フリード「再リードを狙うホンダの重要モデル」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

再リードを狙うホンダの重要モデル

ステップワゴンよりもひとまわりコンパクトなボディに3列シートを与えたのがフリードだ。

先代は広さ、使い勝手、走りの性能ともにライバルのシエンタを遙かにリードしていたが、そのシエンタもモデルチェンジして強力な商品性を手に入れてきた。新型によって再びリードを築けるか。ホンダにとっては非常に重要なモデルとなる。

先代フリードは道具感を前面に打ち出したデザインが好評だった…と思っていたのだが、一部のユーザーからは不満の声も上がっていたという。

ホンダ フリード
ホンダ フリードホンダ フリード

とくに低い位置にあった小型のリアコンビランプには「物足りない」 「可愛くない」という意見が少なからず寄せられたため、新型は大型化した上で位置も高くしてきた。実はこの部分、僕としては新型でいちばん気に入らない部分だったりする。

無難というか、既視感があるというか、フリードらしい道具感が薄れてしまったと思うのだ。売ってなんぼのメーカーがユーザーの意見を尊重するのは十分理解できるが、それが行きすぎるとどれも同じようなクルマばかりに なってしまうわけで…なかなか難しい問題である。

そこを除けば新型のデザインはなかなかいい。

それ以上に好印象だったのがインテリア。 水平基調は室内を広く見せ、 視界も良好。質感的にもステップワゴンから乗り換えても不満を感じない水準に達している。フリードの持ち味であるパッケージングにもさらに磨きがかかった。

シャシーの基本はフィットだが、コストを投入してリアサスのポテンシャルを引き上げたため、乗り心地と直進安定性とコーナリングのバランスポイントがグンと上がった。フィットにもこの改良を加えて欲しいと切に願う。

エンジンはノーマルでも必要にして十分だが、ハイブリッドのほうがさらに気持ちのいい走りを楽しめる。かつてのような圧倒的リードこそないが、シエンタのよきライバルとして人気を獲得するだろう。

ホンダ フリード

先代で好評だった「ちょうどいい」をさらに進化させた、「いつでも」「どこでも」「誰でも」用途に応じ思い通りに使えるコンパクトミニバン。多様なニーズに応えるべく、ハイブリッド4WD、車いす仕様車のハイブリッド設定など、16通りのバリエーションを揃えた。インテリアには、見ても触れても心地よいシートファブリックやリアルな木目調パネルを採用している。

ホンダ フリード G・Honda SENSING/FF/6人乗り 主要諸元

車両本体価格:¥2,100,000 (消費s税込)/全長×全幅×全高(mm):4,265×1,695×1,710/車両重量:1,350kg/定員:6名/エンジン:直列4気筒横置 DOHC/総排気量:1,496cc/最高出力:96kW(131ps)/6,600rpm/最大トルク:155Nm(15.8kgm)/4,600rpm/JC08モード燃費:19.0km/L/駆動方式:FF

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フリード の関連記事

ホンダ フリードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フリード の関連記事をもっと見る

ホンダ フリード の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/16~2017/12/16

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円