autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート すでに受注1万3千台!シエンタに挑む、ホンダ新型「フリード」の進化を試乗で徹底チェック! 5ページ目

試乗レポート 2016/9/16 13:04

すでに受注1万3千台!シエンタに挑む、ホンダ新型「フリード」の進化を試乗で徹底チェック!(5/5)

関連: ホンダ フリード Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志
すでに受注1万3千台!シエンタに挑む、ホンダ新型「フリード」の進化を試乗で徹底チェック!

居住性も快適で走行性能と乗り心地も向上

ホンダ 新型フリード/フリードプラスホンダ 新型フリードハイブリッド

フリードとフリードプラスの差は小さくない。フリードプラスではリアゲートの開口部が下側に向けて広がり、ボディ剛性を確保しにくい。そこで操舵に対する反応を鈍く抑え、車両の向きを変わりにくくすることで安定性を確保した。

それでも後輪の接地性は下がる。街中を走る時には違いを感じにくいが、峠道では差が生じるだろう。特にボディの重いハイブリッドのフリードプラスは、安定性で不利になりやすい。

乗り心地は、粗さは感じないが少し硬めでコツコツする。タイヤサイズは15インチ(185/65R15)で共通化され、指定空気圧は前輪が240kPa、後輪が230kPaだから極端に高くはない。

>>ホンダ 新型フリード/フリードプラスを写真でチェック

グレード間の比較では、フリードの乗り心地はボディ剛性の違いもあってフリードプラスよりも快適だ。ノーマルエンジンとハイブリッドでは、ボディが重いためかハイブリッドが少し勝る。

新型フリードは3列目のシートを含めて先代型に比べると居住性が快適になり、走行性能と乗り心地も向上した。ステップワゴンの商品力には勝てないが、価格は40~50万円安い。

安全運転支援システムはステップワゴンより上

ホンダ 新型フリードプラスホンダ 新型フリードハイブリッド

そして安全装備では、安全運転支援システムのホンダセンシングをフリードとして新採用。ホンダの上級セダンでは採用していたが、歩行者と衝突しそうな際(約10km/h~約40km/hで走行中)、音と警告を表示し、ステアリング制御で回避操作も支援する「歩行者事故低減ステアリング」もつき、ステップワゴンのホンダセンシングよりも高機能とした。1.5リッターエンジン搭載車の中では、安全装備のレベルが高い。

外観などは地味だが、コンパクトミニバンの機能を幅広く向上させ、安心して使える比較的割安なミニバンに仕上げた。

なお3列目シートの快適性、フリードプラスの荷室などは、使い方によって評価が異なるからディーラーで細かく確認して欲しい。

今は地域によってはホンダの販売店が貸し出すレンタカー(有料)も用意され、そこには新型車がそろっている。できれば生活の中で実際に使い、購入の判断をすると良いだろう。

[Text:渡辺陽一郎 Photo:和田清志]

>>ホンダ 新型フリード/フリードプラスを写真でチェック

ホンダ フリード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フリード の関連記事

ホンダ フリードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フリード の関連記事をもっと見る

ホンダ フリード の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円