autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 豊富な機能に割安な価格・・今度の新型フリードは“買い”だ!【徹底解説】 2ページ目

新型車解説 2016/9/16 11:09

豊富な機能に割安な価格・・今度の新型フリードは“買い”だ!【徹底解説】(2/3)

豊富な機能に割安な価格・・今度の新型フリードは“買い”だ!【徹底解説】

エンジンは1.5リッターでガソリンモデルとハイブリッドをラインナップ

ホンダ 新型フリードハイブリッド

エンジンは直列4気筒の1.5リッターで、ノーマルタイプとハイブリッドを用意。基本的にはフィットと共通で、どちらも先代フリードに比べて改善を受けている。

動力性能はノーマルエンジンの最高出力が131馬力(6600回転)、最大トルクは15.8kg-m(4600回転)。1.5リッターのノーマルエンジンとしては、動力性能はやや高い部類に入る。

トランスミッションはCVT(無段変速AT)で、JC08モード燃費は2WDが19km/L、車両重量が1300kgを超えることを考えれば優れた数値だろう。ハイブリッドは、エンジンとモーター駆動を合計したシステム最高出力が137馬力。

トランスミッションは2組のクラッチを備えた7速DCTで、JC08モード燃費は2WDが27.2km/L。この燃費値はシエンタハイブリッドと同じ値だ。

ステアリングは先代よりクイックに

ホンダ 新型フリードハイブリッド

サスペンションは前輪側がストラット、後輪側は車軸式(4WDは半独立式ともいえるド・ディオンアクスル)。

この組み合わせはプラットフォームと併せて先代型から受け継いだが、サスペンションの取り付け剛性を向上させ、リア側のブッシュは液封タイプとした。ブッシュの内部でもショックアブソーバーのように減衰力を積極的に発生させ、乗り心地の向上を図っている。

足まわりの基本性能が向上したのでパワーステアリングのギヤ比を先代型よりもクイックにして、市街地を走る時の動きの鈍さを解消している。

ホンダセンシング搭載で安全面は大幅に向上

ホンダ 新型フリード/フリードプラス

装備で注目されるのは安全面だ。

緊急自動ブレーキはホンダの上級車種にも採用されるホンダセンシングで、センサーにはミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた。作動速度の上限は時速100kmと高く、歩行者の検知も可能だ。制限速度や進入禁止などの道路標識を検知して、モニターに表示する機能も備わる。

さらにアコードやレジェンドと同様、歩行者事故低減ステアリングも採用した。時速10~40kmで走行中に路側帯をはずれ、歩行者と衝突しそうな時には警告を発してパワーステアリングにも衝突を回避するための操舵支援を行う。

この機能は今のところオデッセイのノーマルエンジン搭載車やステップワゴンには採用されず、フリードの先進性が注目される。

またホンダセンシングには、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールが備わり、作動中はドライバーはペダル操作から開放される。車線の中央を走れるように操舵の支援を行う機能も備えた。優れた安全性に加えて、長距離ドライブ時にドライバーの疲労を軽減する効果も大きい。

ホンダ フリード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フリード の関連記事

ホンダ フリードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フリード の関連記事をもっと見る

ホンダ フリード の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26