autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ フィットシャトル 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/6/30 09:48

ホンダ フィットシャトル 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

関連: ホンダ フィットシャトルハイブリッド , ホンダ フィットシャトル Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部
ホンダ フィットシャトル 試乗レポート/渡辺陽一郎

フィットを大きくしただけではない!! ひとクラス上の質感がウリ

質感の向上は、運転感覚にも受け継がれた。ボディ剛性を向上させ、ショックアブソーバーの造りも変えることで、乗り心地が重厚になっている。フィットの場合、転がり抵抗を抑えた空気圧の高いタイヤにより、街中の乗り心地は少し硬めの印象。フィットシャトルなら柔軟性が増し、ちょうど良い硬さになる。

ホイールベースが同じ数値で、ボディの前後を合計510mmも伸ばしたとなれば、コーナーでは慣性の影響を受けやすい。走行安定性の悪化が懸念されるが、この点もボディ剛性の向上で挙動の変化が穏やかに進行する。

フィットほど軽快に向きが変わるタイプではないが、後輪の安定性は十分に確保され、ドライバーに不安感を与えにくい。

エンジンは1.5リッターのノーマルタイプと、1.3リッターをベースにしたハイブリッドを設定。フィットではノーマルタイプの1.3リッターが売れ筋だが、フィットシャトルはボディの拡大で車両重量が70kgほど増えるから、前述の2本立てにした。

車両重量の増加で動力性能は低下したが、1.5リッターの15Xでも、1.3リッターのフィットに比べれば加速に余裕を感じる。ハイブリッドは実用回転域では1.6リッタークラスの性能。反応の敏感なモーターがエンジン駆動を助け、力不足を効果的に補う。

フィットのハイブリッドでもモーターの支援を実感するが、フィットシャトルはボディが重い分、その有り難みがさらに顕著になる。

遮音対策を入念に行ったことも快適性を高めた秘訣だ。フィットの場合、ハイブリッドを含めて高回転域になると少し粗い音質になるが、フィットシャトルではマイルドに仕上げた。

以上のようにフィットシャトルは、フィットの荷室を拡大しただけではなく、「上級版」としての運転感覚も兼ね備える。

冒頭で触れたプリウスαとプリウスの関係が、フィットシャトルとフィットの間にも当てはまる。前述のようにリアシートの足元空間を拡大すれば、さらに上級感が際立つだろう。

ホンダ フィットシャトルハイブリッド 関連ページ

ホンダ フィットシャトル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィットシャトルハイブリッド の関連記事

ホンダ フィットシャトルハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィットシャトルハイブリッド の関連記事をもっと見る

ホンダ フィットシャトルハイブリッド の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円