autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ フィットシャトル 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2011/6/30 09:48

ホンダ フィットシャトル 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

関連: ホンダ フィットシャトルハイブリッド , ホンダ フィットシャトル Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部
ホンダ フィットシャトル 試乗レポート/渡辺陽一郎

プリウスαのライバル?!フィットシャトルを速攻試乗!!

プリウスαに続いて登場した新型車がフィットシャトル。両車とも人気車をベースにした発展型だ。偶然の一致ともいえるが、新規投入が難しい時代になったことを感じる。

ちなみにフィットシャトルは、当初は3月17日の発売を予定していた。東日本大震災の影響で6月16日に延期され、先ごろ報道試乗会が開催された。

フィットシャトルの成り立ちは、フィットをベースにしたワゴン。ホイールベースはフィットと同じ2500mmで、前後のドアパネルも流用したが、ボディの後部を330mm伸ばし、荷室の奥行も約300mm広げている。

ボディ全体の視覚的なバランスを考えて、前側も180mm拡大された。前後の拡大を合計すれば510mmで、全長は4410mmになる。フロントマスクのデザインは、北米版のフィットに準じている。

最も驚くのは荷室の広さ。フィットも燃料タンクをフロントシートの下に搭載し、荷室の床を下げて全長が4m以下のコンパクトカーでは最大級の積載量を誇る。

これをベースにさらに容量を増やしたので、4名乗車時でも荷物をタップリと積める。リアシートを床面へ落とし込むように畳めば、大人2名が就寝できるほどのフラットな空間に発展。荷室の機能は、フィットとモビリオスパイクの中間的な位置付けだ。

路面からリアゲート開口部の下端までの高さは、フィットの605mmに対してフィットシャトルは540mm。低い位置からリアゲートが開き、荷物の積み降ろしも容易になった。

ホイールベースがフィットと同じなので、前後シートのスペースもほぼ等しい。現状でも大人4名が快適に乗車できるが、足元空間を30mmほど広げれば、「ひとクラス上のワゴン」という位置付けがさらに明確になっただろう。

それでもリアシートのバックレストは少し寝かされ、室内長の数値は80mmの上乗せ。シートの表皮も柔らかく、下側にはスポンジを挿入した。体をしなやかに受け止めて、フィットに比べるとボリューム感のある座り心地だ。

ホンダ フィットシャトルハイブリッド 関連ページ

ホンダ フィットシャトル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィットシャトルハイブリッド の関連記事

ホンダ フィットシャトルハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィットシャトルハイブリッド の関連記事をもっと見る

ホンダ フィットシャトルハイブリッド の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円