autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 ホンダ フィットシャトル グレード比較 2ページ目

新車グレード比較 2011/3/18 11:26

ホンダ フィットシャトル グレード比較(2/3)

ホンダ フィットシャトル グレード比較

フィットシャトル「15X」/使い勝手の良いコンパクトワゴン

フィットシャトルのガソリン車(標準)は「15C」と「15X」があるが、安価な「15C」グレードはいわばビジネス向けのクルマであり(後述)、まずは一般ユーザーを対象とした「15X」グレードについて解説したい。

1.5リッターエンジンを搭載した15Xは、「15X」「15X Sパッケージ」「15X Lパッケージ」と3種類の設定がある。

「15X」の装備は、

横滑り防止装置のVSA(FF)、低燃費運転をアシストするECONスイッチ、フルオートエアコン、電動格納式リモコンドアミラー、電波式キーレスエントリー、電動パワーステアリング、パワードアロック

フィットシャトル フルオートエアコン
フィットシャトルフィットシャトル

などの快適装備が標準で付く。

フィットシャトル 15X(FF)の価格は165万円。ほぼ同等の装備を持つフィットの15Xに比べ、16万2,000円高い設定だ。

一般にワゴンのボディ代は15万円位だから、ボディの差とインテリア素材などの仕様の差を合わせて16万2,000円高というのは納得できる価格だろう。他のグレードも、フィットの価格差はほぼ同様の設定になっている。

なお、ハイブリッドではないフィットシャトルの燃費は、FFの基準車で「20km/L」、4WDの基準車で「16.4km/L」だ。

これはフィット 15Xと同じ燃費であるが、ワゴンボディで重くなった分をエンジンの改良などで克服し、同じ燃費を達成している。

フィットシャトル「15X Sパッケージ」/便利なスマート付きのグレード

「15X Sパッケージ」では、15Xに対して

ディスチャージヘッドライト、スマートキー、LEDドアミラーウィンカー、ハーフシェイドフロントウィンドウ

フィットシャトル LEDドアミラーウィンカー

などが加わって、8万5,050円高の173万5,050円(FF)だ。

この位であれば納得の価格差で、スマートキーの使い勝手を考えると15X Sパッケージは積極的に選びたいグレードである。

また15X Sパッケージでは、15Xでは選択することのできない

スカイルーフ、前席用iサイドエアバッグ+カーテンエアバッグ

などをオプション装着することが可能になることも覚えておきたい。

フィットシャトル「15X Lパッケージ」/快適装備は充実するが価格はやや高め

「15X Lパッケージ」は、前述の「15X Sパッケージ」の装備に加えて、

セキュリティアラーム、クルーズコントロール、本革巻きステアリングホイール、アッパーグローブボックス、トノカバー、フォグライト、16インチアルミホイール(4WD車は15インチ)、コンフォートビューパッケージ(FF)

フィットシャトル 本革巻ステアリングホイール

などが加わる。

これでベースの15Xに対し25万円高、また15X Sパッケージに対しては16万4,950円高い「190万円」の価格が設定されている。

Lパッケージには欲しい装備はいろいろあるものの、決定的に欲しい装備がないことを考えると価格差はちょっと大きめだ。

また7万3,500円のバックモニター+AM/FMラジオ付きCDプレーヤーがオプション設定されていないので、必然的にそれらの機能も含めた

ホンダHDDインターナビ

を装着することになる。

すると、さらに27万9,300円高くなるわけで、ますます悩まされる感じである。

フィットシャトル「15C」/ライトバン感覚で使うビジネスモデル

フィットシャトルのベースグレードとなるのが、標準系の「15C」グレードだ。

フィットシャトル 15Cは、マニュアルエアコン&オーディオレスなど、実用本位の装備だけに絞って161万円という低価格を実現したモデルだ。

15Cは、一般ユーザー向けではなく企業や商店などがライトバン感覚で使うクルマ、と考えれば良い。

ホンダはエアウェイブをベースにした「パートナー」というライトバンをラインナップしていたが、パートナーは2010年8月で絶版となった。それを埋めるためのモデルである。

4WDを選ぶ際の注意

フィットシャトル CVTシフト

フィットシャトルのガソリン車には「FF(CVT)」と「4WD(5AT)」の設定がある。各グレードとも17万5,600円、4WD(5AT)の方が高い。

この価格差は、CVTと5ATというトランスミッションによる違いだが、実はFFと4WDはミッションの違い以外にも異なる点がいくつもある。

まずVSA(横滑り防止装置)は、FFではハイブリッドも含め全車に標準装備だが、4WDには設定されない。これを考えると、実質的な価格はさらに6万円ほど開く計算だ。

VSAは雪道でこそ使う機会が多い装備なので、早期に4WDにも設定されることを期待したい。

また、フルフラットアンダーカバーもFFには標準だが、4WDには設定がない。さらに、スカイルーフを選択できるのもFFだけで4WDでは選べないのだ。

逆に、コンフォートビューパッケージは4WDには標準で装備されているが、FFはオプション(Lパッケージのみ標準)である。

ほかに、Lパッケージ標準のアルミホイールは、FFは16インチだが4WDは15インチだ。

4WDを選ぶ際には、価格差以外にも上記に注意したい。

ホンダ フィットシャトル 関連ページ

ホンダ フィットシャトルハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィットシャトル の関連記事

ホンダ フィットシャトルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィットシャトル の関連記事をもっと見る

ホンダ フィットシャトル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円