autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ 3代目新型フィット[2013年9月発売予定モデル] 試乗レポート/飯田裕子 2ページ目

試乗レポート 2013/7/19 10:45

ホンダ 3代目新型フィット[2013年9月発売予定モデル] 試乗レポート/飯田裕子(2/3)

ホンダ 3代目新型フィット[2013年9月発売予定モデル] 試乗レポート/飯田裕子

動力面の注目は超高効率エンジンとハイブリッドシステム

ホンダ 新型フィットハイブリッド

動力の注目はやはり「ハイブリッド」。

リッター36.4km/Lという圧倒的な燃費を叩き出した新型フィットハイブリッドに採用されている技術は、トヨタ アクアよりもエンジン効率そのものが高いと言う1.5リッターアトキンソンサイクルエンジン、電気モーター、7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)、リチウムイオンバッテリー、そして電動サーボブレーキシステムとフル電動コンプレッサーなどが挙げられます。

新型フィットハイブリッドは、1.5リッターエンジンとモーターの2つの動力を走行状況に応じて両方使ったり、モーターのみ(EV)もしくはエンジンのみで走りながら常に燃費の良い走行を選択します。

一般的な走行例としては、ゆっくり発進するとEV(モーター)スタートをし、エンジンが温まった状態であればそのままEV走行も可能です。坂道をのぼる際にはモーターはアシストにまわり、だいたい速度60km/h以下では主にエンジンとモーターを使ったハイブリッド走行をします。

新型フィット 試乗会にて、飯田裕子さん

それ以上の速度領域では、例えば100km/hで高速走行をするような場面では100%エンジンで走行。エンジンだけで走らせる方が燃費が良いそうです。

このように、2つの動力を合わせたり切り離したりしながらタイヤに動力分配を行うのが今回初採用となる「7速DCT」。エンジンとモーターの間に配置されています。

無段変速式のCVTでは、EV走行中でも2つの動力を完全に切り離すことができず、わずかながらエネルギーロスが発生しているのだとか。フィットのように状況に応じてDCTのクラッチが動力を切り離すことのできる仕組みが、1滴のガソリンをも無駄にしない走りに貢献しているのだそうです。

新型フィットでは、充電の速さやEV走行時間の長さも特徴的

ホンダ 新型フィットハイブリッド

また今回の試乗では、減ったバッテリーを充電する速さも印象的でした。その仕組みは第一に、先代の鉛バッテリーに代わってリチウムイオンバッテリーを採用したことで、バッテリー容量がこれまでの約2倍となったこと。

そこへ、今回新たに充電効率の高い「電動サーボブレーキ」を採用したことで回生エネルギーの回収量も増え、減ったバッテリーを速やかに貯めることができるようになったからだとか。

バッテリーが貯まりやすくなったおかげで、電気モーターを使う頻度も増えれば燃費も上がる、というわけです。

さらに新型フィットハイブリッドでは、アイドリングストップの時間もEV走行の時間も長くなっています。

すると確かに燃費は向上する印象がありますが、これまでは特に夏場に室温が上昇するとエンジンが自動的にかかる頻度も高くなり(エンジン始動の瞬間ガソリン消費は大きいのです)、実際の燃費が思いのほか悪かったと言います。

さらには、夏の渋滞中の室内はエアコンが止まり送風状態となってしまい、さすがに暑くて不快でした。

そこで、今回から電動コンプレッサーとウォーターポンプを新たに採用し、アイドリングストップやEV走行時もエンジンの動力を必要とせずにコンプレッサーやウォーターポンプが働き続け、室内の快適性もきちんと保つことができるようになりました。よりエコで快適な新しいポイントがココにもありました。

ホンダ フィットハイブリッド 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事

ホンダ フィットハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事をもっと見る

ホンダ フィットハイブリッド の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24