autoc-one.jp 記事・レポート 日本版コンシューマレポート 日本版コンシューマレポート-ホンダ フィットハイブリッド ユーザー試乗レビュー- 3ページ目

コンシューマレポート 2011/1/31 16:18

日本版コンシューマレポート-ホンダ フィットハイブリッド ユーザー試乗レビュー-(3/6)

日本版コンシューマレポート-ホンダ フィットハイブリッド ユーザー試乗レビュー-

フィットハイブリッドのユーザー評価・レビュー/インテリア

基本的には、「フィット」と「フィットハイブリッド」はメーター表示の一部を除き、インテリアで大きな違いはない。そのため、本連載のデータで両車のインテリア評価に大きな差は生じていない。

ただ、本連載の集計データでは読み取れないことがある。

それが、荷室スペースだ。

「フィットハイブリッド」は「フィット」に比べて、荷室の床面が20mm高い。

肉眼ではほぼ分からない程度だ。だが、容積をみると「フィットハイブリッド」341リッター、対する「フィット」は384リッターと13%ほど狭い。さらに床下容積では、「フットハイブリッド」3リッターに対して「フィット」は38リッターもある。

こうした2車の容積差は、二次電池と制御システムが原因だ。ハイブリッド車として宿命とも言えるこのユニット、車両サイズが小さくなればなるほど、その置き場に苦労する。ユニット全体は「インサイト」と同様のシステムであり、置き場も荷室下と同じ。

だが、空冷用のインテークダクト(吸気口)のレイアウトが「インサイト」は後席の裏、「フィットハイブリッド」では荷室側面の上にある。

「ハイブリッド・コンパクトカー」の実現のため、ホンダが熟慮した結果だ。筆者は実車を数日使用し、何度も荷物積み下ろしをしたが、「フィット」と「フィットハイブリッド」の差を明確に感じたことは一度もなかった。

ホンダ フィットハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事

ホンダ フィットハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事をもっと見る

ホンダ フィットハイブリッド の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円