autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】ホンダ フィット1.3 vs 日産 ノート どっちが買い!?徹底比較

どっちが買い!?徹底比較 2014/5/20 17:53

【比較】ホンダ フィット1.3 vs 日産 ノート どっちが買い!?徹底比較(1/2)

【比較】ホンダ フィット1.3 vs 日産 ノート どっちが買い!?徹底比較

家族4名で乗車できて買い物などにも使いやすく、高速道路でも走行性能に不満を感じない。このような実用的なクルマをなるべく安く購入し維持費も節約したいのならば「コンパクトカー」を検討すると良いだろう。

コンパクトカーのライバルとして今、軽自動車が大人気なのは皆さんもご存じの通り。車内がコンパクトカー以上に広い車種もあり、多彩な収納設備やシートアレンジにも驚かされる。だが、車両価格も高めだ。ノーマルエンジン車でも120~140万円で、ターボ車になればさらに10万円程度は上乗せされてしまう。軽自動車だからといって低価格とは、一概にいえなくなってしまったのだ。

確かに購入後の税金/保険料/点検費用などは軽自動車が安いが、1年間の維持費を換算するとコンパクトカーとの差額は4~5万円。

ホンダ フィット日産 ノート

複数のクルマを持つ世帯では軽自動車の安さが際立つが、1台だけの所有であれば意外に差が付かないという見方もできる。

走りまで含めた機能のバランスを考えると、コンパクトカーは堅実で優れた車種が多い。

そこで今回、コンパクトカーの代表格ともいえる「ホンダ フィット」と「日産 ノート」のノーマルエンジン車同士を比べたい。

フィットはハイブリッド、ノートもスーパーチャージャー仕様が注目されるが、今回はお買い得なノーマルエンジン車で比べてみよう。

※当記事はスーパーチャージャー無しのノートとフィットの比較ですが、日産 ノートの画像は「DIG-S」スーパーチャージャー仕様を用いております。予めご了承ください。

ホンダ フィット1.3G vs 日産 ノート -エクステリア対決-

ホンダ フィットは1.3リッターエンジンを搭載した「13G・Fパッケージ+あんしんパッケージ」(合計146万571円)、「日産 ノート」は1.2リッターエンジンを積んだ「1.2Xエマージェンシーブレーキパッケージ」(142万7,760円)で比較したい。

安全装備を充実させながら、車両価格は背の高い軽自動車の上級グレードと同程度だ。両車ともに前輪駆動を採用し、ボディスタイルは5ドアハッチバックになる。

全長はフィットが「3,955mm」、ノートは145mm長い「4,100mm」。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)もノートが70mm長く「2,600mm」を確保する。5ナンバー車だから全幅は両車とも1,695mmで等しく、全高も1,525mmと同じ数値だ。立体駐車場の利用性を妨げない範囲で背を高くして、室内空間を広げている。

エクステリアは、フィットのフロントマスクが個性的。ほかのホンダ車にも似ている顔立ちで、新鮮である。日産ノートのフロントマスクは、スッキリした印象に仕上げられた。

両車ともにサイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げている。外観は躍動的だが、斜め後方の視界はどちらもいま一歩。ボンネットもほとんど見えない。ボディが小さいから取りまわし性は良いのだが、後方の視界は確認しておきたい。最小回転半径は両車ともに「4.7m」で小回り性能は優れているなど、外観の大きさと取り回し性についてはフィットとノートで大きな差は無い。

ただし、ノートのアラウンドビューモニター(メーカーオプション)は、視界の死角を補う効果がある。

ホンダ フィットホンダ フィットホンダ フィットホンダ フィットホンダ フィット
日産 ノート日産 ノート日産 ノート日産 ノート日産 ノート

ホンダ フィット1.3G vs 日産 ノート -インテリア対決-

ホンダ フィット日産 ノート

次に、居住空間をチェックしよう。

まず、インパネとその周辺の質感はフィットが上まわる。ノートは質素なイメージだ。

ノートも、オプションでオートエアコン選ぶと(X・DIG-Sなどには標準装備)インパネの中央部分がピアノブラックになって質感が高まるが、逆にそこだけ浮いた印象を受ける。

フィットは後発のモデルとあって、ライバル車を意識して上質なインテリアに仕上げられている。

ホンダ フィットホンダ フィット日産 ノート日産 ノート

フロントシートは両車ともにサイズを十分に確保しており、座り心地にボリューム感があって快適だ。座面も柔軟で、バックレストの下側は硬めに仕上げられている。

リアシートは、両車ともに座面の柔軟性はフロントシートに比べて見劣りするがサイズに不足はなく、おおむね快適だ。

フィットは多彩なシートアレンジを可能にしながら、座り心地を先代よりも向上させた。身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先空間は、フィットが握りコブシ2つ半。ノートはホイールベースが長いこともあって3つ分を確保する。

フィットは燃料タンクをフロントシートの下に設置したので、リアシートに座る同乗者のツマ先が少し持ち上がるが、ノートであれば違和感はない。頭上空間は、両車ともに握りコブシ1つ分を確保した。リアシートの居住性は、足元空間が広いノートが勝る

ホンダ フィット日産 ノート

そして、荷室の使い勝手はフィットの圧勝だ。

荷室の床が低めで、燃料タンクをフロントシートの下に搭載したからリアシートを床面へ落とし込むように小さく畳める(一部の安価なグレードを除く)。ボックス状の大容量の荷室に変更できる。

また、リアシートの座面を持ち上げると車内の中央に背の高い荷物を積むことも可能だ。これらは先代フィットから受け継いだ定番の機能である。

ノートのシートアレンジは、リアシートのバックレストを単純に前に倒すだけにとどまる。

ホンダ フィット 関連ページ

日産 ノート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィット の関連記事

ホンダ フィットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィット の関連記事をもっと見る

ホンダ フィット の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円