autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 ホンダ フィット 新車発表会速報

新型車リリース速報 2007/10/18 11:45

ホンダ フィット 新車発表会速報

ホンダ フィット 新車発表会速報

要望に応える=理想のクルマ

リアビューインパネ

ホンダから新型フィットが発売された。初代モデルが発売されたのは2001年。以来、海外でも115ヶ国・200万台の販売台数を誇る。そんな人気車種が今回フルモデルチェンジした。ユーザーが理想とするスモールカーを目指して開発されている。

新型フィットは「スーパーフォワーディングフォルム」。出来るだけ前へ前へとした前傾姿勢のスタイル。そして、ルーフの最頂部はリア寄りに。車内の広さの拡充と、爽快な走行をイメージさせるボディ骨格となった。

フロントガラスの下端を前方に、上部は後方にして、ガラスエリアを1.2倍拡大。インスルメントパネルを低くして、さらに左右の三角窓を大きくするなど、視認性に配慮。開放感をも感じられる空間となっている。

フィットといえば、充実したユーティリティだが、新型にもあの大成功したセンタータンクレイアウトを採用。多彩なシートアレンジだけでなく、今回はラゲッジスペースにも工夫を施し、64Lの床下スペースを設置。最大427Lという大容量スペースを実現している。

さらに、低燃費のイメージも強いフィット。1.3L i-VTECエンジンに新開発のトルクコンバーター付CVTトランスミッションと組み合わせて、24.0km/Lというクラストップの低燃費を打ち出した。さらに今回は、1.5L i-VTECエンジンを搭載したグレード「RS」を設定。5MTも用意され、上質でスポーティな新タイプのフィットとなっている。

理想のスモールカー実現に向けて、必要不可欠だったユーザーの声。大人気・フィットへのユーザーの要望とは気になるところだが、1番多かったのは「乗り心地」だったそうだ。新設計シャシーは、ディメンションの拡大、ボディ剛性を図り、さらにサスペンションジオメトリーを最適化して、「しなやかな乗り心地」を実現させた。また、フロントシートはミドルクラスセダンに採用されているシートフレームをベースにバネやパッドの形状を最適化。リアシートも、左右席の座面幅を約20mm、奥行き約15mm、クッション厚を約10mmにそれぞれ拡大して、シートそのものも改良。快適性の向上に努めている。

昨今の情勢は、生産側には厳しい世の中である。その中で、性能や価値観を向上させつつ、価格は現モデルと同レベルに据え置かれた。ユーザーの声を反映させた「理想のスモールカー」の断片が、新型フィットには随所に見ることが出来る。

メーターAピラー及び三角窓ラゲッジエンジンリア比較

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィット の関連記事

ホンダ フィットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィット の関連記事をもっと見る

ホンダ フィット の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円