autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ CR-Z 試乗レポート/松田秀士 3ページ目

試乗レポート 2010/3/23 17:11

ホンダ CR-Z 試乗レポート/松田秀士(3/4)

関連: ホンダ CR-Z Text: 松田 秀士 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部
ホンダ CR-Z 試乗レポート/松田秀士

キレの良い走りが楽しめる「SPORTモード」

ホンダ CR-Zを試乗する松田秀士氏

初日は大雨、しかも横風も強く最悪のコンディション。

まずは、CVTモデルから試乗を始める。走り出しで驚いたのは、室内がとても静かなことだ。遮音性能はインサイトとは比べ物にならないほどに高い。

また、エンジンの音質も低回転域では静かに、高回転ではスポーティにと棲み分けされており、さらに振動とノイズが気にならない。

ホンダ CR-Z

CR-Zに搭載されているエンジンは、1.3リッターのインサイトに対し、フィットにも採用される1.5リッターSOHCのL15AをベースにしたVTECエンジン(低回転時に2本の吸気の1本を休止させる「1バルブ休止方式」)。

出力は114ps(CVTは113ps)で組み合わされるモーターはインサイトのものをそのまま流用しモーター出力は14psで、これを含めたシステム出力は124ps/174Nmとなる。

この動力性能、パワフルとは言い難いがボディに対してちょうど良いレベルだ。

ホンダ CR-Z

「SPORTモード」にすればCVTモデルはギヤ比を高くするので、同じ速度でもエンジン回転数が上がりキレの良い走りが楽しめる。一方MTモデルではモーターパワーの出力を上げてレスポンスをヘルプする。

そして、両モデル共に電動パワーステアリングが重くしっかりとした手応えになり、エンジンのレスポンスも上がる。

この3モードのドライブシステムには、他に「NORMALモード」と「ECONモード」がチョイスでき、とくにECONモードでは明らかにアクセルに対するレスポンスが鈍り、踏み過ぎによる燃料の無駄遣いを抑えてくれ、エアコンは省エネ運転となってアイドリングストップの時間も長くなることが分かる。

ホンダ CR-Z 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ CR-Z の関連記事

ホンダ CR-Zの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ CR-Z の関連記事をもっと見る

ホンダ CR-Z の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円