autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 人気のCR-Zをジャーナリスト5名が斬る!/河村康彦編 2ページ目

新型車解説 2010/3/19 11:32

人気のCR-Zをジャーナリスト5名が斬る!/河村康彦編(2/2)

関連: ホンダ CR-Z Text: 河村 康彦 Photo: オートックワン編集部
人気のCR-Zをジャーナリスト5名が斬る!/河村康彦編

インサイトとは「まるで別物」なコーナリング感覚

ホンダ CR-Z

そんなエンジンに、インサイトと同じ電気モーター系を組み合わせたハイブリッドシステムが生み出すパワー感は、正直言って「驚くほどに強力」という印象には至っていない。

「スポーツカー=圧倒的な加速力」という期待感を持つ人には、CR-Zのこの動力性能には少々不満が残るかも知れない。

けれども、低いエンジン回転数でもアクセルONと同時にモーターアシストが始まる「加速のつき」の良さや、“スポーツモード”をチョイスした際のアクセル操作に対するゲイン(応答出力)のシャープさは、いかにもスポーツモデルらしい仕上がり。

CVT仕様は、いかにパドルシフトが付いたといえども、エンジン回転と車速との間に特有の滑り感が拭えないから、機敏さを堪能したいのであればMT仕様がオススメだ。

ハイブリッドカーながらもチューニングの効いたエンジンサウンドが楽しめるのは、走行中は常にエンジンに火が入っているCR-Zならではの“特権”だ。

ところで、形式上はインサイトと同様のサスペンションシステムを備えるCR-Zだが、そのハンドリング/コーナリングの感覚はハッキリ言って「まるで別物」だ。

グンと低められた全高/重心高に、大幅に拡大されたトレッド等々と、随所に“スポーツカーデザイン”を採用したCR-Zのこうした部分は、まさに独壇場という印象。

その上、乗り心地もこちらの方が遥かにしなやかなのだから申し分はない。

さらに、実際に向上したコーナリング性能に加え、CR-Zに「スポーツカーの気分」をもたらしているのが、フロアに対して低い位置に、脚を投げ出し気味に座るという「S2000と同様のスタンス」や、シビック タイプR比で30mm、インサイト比では35mmのダウンという、ドライバーズシートでのヒップポイントなど。

加えれば、そんなシートのホールド感がなかなか優れている点にもきちんと理由があった。実はCR-Zのシート骨格には、贅沢にも1クラス上のアコード用のものが流用されているのだ。

ホンダ CR-Z

ブレーキやステアリング操作時の剛性感の高さも、CR-Zを「本物のスポーツカー」と感じさせてくれる大きな要素になっている。

このあたりに“手抜き”があると、いくらカッコが良くても、いくら加速が優れていても「スポーツカーとして興醒め」という気持ちになる事を、ホンダは良く分かってくれている。

率直なところ、まずは低価格ありきで開発がスタートしたインサイトの走りには“安っぽさ”が漂う部分が散見されるが、同じ骨格を用いながらもCR-Zにはそうした気配が全く漂わない。

となると、インサイト以上に強いお徳感が漂うのは、むしろこちらの方という事にもなりそう。いずれにしても、やっと“ホンダらしいホンダ車”が帰って来てくれた。

まさに「待望だった1台」の誕生だ!

ホンダ CR-Zホンダ CR-Zホンダ CR-Zホンダ CR-Zホンダ CR-Z
筆者: 河村 康彦

ホンダ CR-Z 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ CR-Z の関連記事

ホンダ CR-Zの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ CR-Z の関連記事をもっと見る

ホンダ CR-Z の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円