autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ 新型 CR-V 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/12/13 11:18

ホンダ 新型 CR-V 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/4)

関連: ホンダ CR-V Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
ホンダ 新型 CR-V 試乗レポート/渡辺陽一郎

注目は燃費に貢献する新型4WDシステムを搭載

4WDシステムも新しい。先代型はデュアルポンプ式で、前輪が空転すると多板クラッチが繋がり、後輪にも駆動力を伝える方式だ。ワンウェイカムを組み込んで前輪が空転する時間を短く抑えたが、滑りやすい登坂路の発進では不可避的に不安定な状態が生じていた。

そこで新型は、多板クラッチ式ながら電子制御を採用。発進時は常に4WDで、後輪を駆動する必要がないと判断されると前輪駆動に切り替える。4WDと2WDの切り替えを先代型とは逆にした。安定した発進が行えて、なおかつ舗装路面ではスグに前輪駆動になるから、燃費への悪影響はほとんどない。

運転感覚はどうか。

まずは2リッターエンジンを積んだ2WDの20Gだが、舗装路では不満のない性能だ。しかしSUVとしては、登坂路や高速道路における追い越し時など、もう少しパワーが欲しい。2,500~3,500回転付近の駆動力をもっと高めれば、余裕が生まれるだろう。

最大トルクの19.5kg-mは、2リッターエンジンでは平均的な数値だが、発生するのは4300回転と少し高い。トルクの値が同じでも、3800回転以下で発生すると使いやすい印象に変わるのだが。

逆に2リッターエンジンのメリットと思えたのは操舵感覚。2.4リッターの24Gに比べてボディがバランス良く軽量化されているからだ。3ナンバーサイズで高重心のSUVながら、比較的機敏に向きが変わる。

レーンチェンジを行った時のボディの揺り返しも小さい。アコードツアラーやオデッセイなど、背の低いクルマに準じた馴染みやすさがある。

背景にあるのは車両重量。24Gに比べて80kg軽い。後輪を駆動する機能を持たず、エンジンは2.4リッターがツインカムのK24A型となるのに対し、2リッターは世代の新しいシングルカムのR20A型だ。ボディの前端と後端、即ち慣性の影響を受けやすい部分が軽くなり、体重が80kgの同乗者を乗せているか否かを上まわる効果がある。

2WDの20Gを選ぶユーザーは、おそらく市街地を中心に買い物などの日常的な移動にも使うだろう。使用目的に合った運転感覚が得られる。

ホンダ CR-V 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ CR-V の関連記事

ホンダ CR-Vの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ CR-V の関連記事をもっと見る

ホンダ CR-V の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円