autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ホンダ 新型CR-V 新型車解説 2ページ目

新型車解説 2011/11/28 11:20

ホンダ 新型CR-V 新型車解説(2/3)

関連: ホンダ CR-V Text: 松下 宏 Photo: 本田技研工業株式会社
ホンダ 新型CR-V 新型車解説

力強さと環境性能を両立した新型CR-Vのエンジン

ホンダ 新型CR-V イメージ

新型CR-Vの搭載エンジンは2機種。2リッター i-VTECエンジンは新開発の可変吸気量制御が加えられ、無段変速のCVTが組み合わされており、駆動方式はFFだ。

また、もう1機種の2.4リッター DOHC i-VTECエンジンには電子制御5速ATが組み合わされて、駆動方式はリアルタイム4WDとなっている。

2リッターエンジンの動力性能は110kW/191N・mを発生。可変吸気量制御を採用することでポンピングロスを減らし、トルクコンバーター付きCVTと組み合わせた燃費は「14.4km/L(JC08モード)」。従来のCR-Vは、2.4リッター/FFが「12.2km/L」であったから、燃費は大幅に向上している。

2.4リッターエンジンは基本的には従来と変わらないが、さまざまな改良が加えられて大幅な進化を遂げている。2.4リッターエンジンの動力性能は140kW/220N・mで、パワーは15kWも向上させるとともに、燃費もJC08モードで「11.0km/L」から「11.6km/L」へと向上した。また、組み合わされる5速ATはパドルシフト付きとなった。

新型CR-Vでは、ホンダ車の定番となったECONモードも用意され、エンジン、トランスミッション、エアコンなどを燃費優先で最適制御することが可能。インサイトなどのハイブリッド車と同様に、メーター内の色が変わって燃費を向上させる運転を促す仕組みも採用されている。

優れたラゲッジの使い勝手と操縦安定性を高める電子制御

ホンダ 新型CR-V ラゲッジルーム

新型CR-Vのラゲッジスペースは低く、広く、大きく、使い勝手に優れている。

低床設定によって、SUVながら荷室開口部の地上高を655mmにとどめたのを始め、開口部が大きく開くのでかさばる荷物の積み下ろしも容易。荷室の容量は5名乗車時でも589Lが確保され、後ろからでも倒せる後席の背もたれをフォールダウンさせると最大では1146Lの容量が生まれる。

ほかにもセンターコンソールにA4サイズのバッグが入るボックスを備えたり、カップホルダーやペットボトルの収納スペースを確保するなど、収納の良さはホンダ車の特徴だ。

ホンダ 新型CR-V テールランプ

駆動方式はリアルタイム4WDを電子制御化したのが特徴で、前輪が空転する前に後輪に駆動力を伝えることでスムーズな発進を可能とし、前後輪の駆動配分を緻密に行うことで、雪道での発進やコーナリング、登坂など、悪条件時の走行安定性を高めている。

さらに従来がデュアルポンプ式だったものをひとつのポンプにして小型・軽量化を実現し、さらにポンプを電動モーター式にすることでクルーズ時(FF走行時)の後輪駆動力を完全にカットして燃費の改善につなげている。

このほか、FF車では横滑り防止装置のVSAと電子制御パワーステアリング(モーションアダプティブEPS)を協調制御し、4WD車ではリアルタイム4WDも含めた協調制御とするなど、制御の高度化を進めている。

ホンダ 新型CR-V インパネホンダ 新型CR-V シートホンダ 新型CR-V クルーズコントロールホンダ 新型CR-V 本革巻ステアリングホイールホンダ 新型CR-V Hondaスマートキーシステム+プッシュエンジンスタート・ストップスイッチ

ホンダ CR-V 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ CR-V の関連記事

ホンダ CR-Vの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ CR-V の関連記事をもっと見る

ホンダ CR-V の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円