autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ シビック タイプR 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2007/4/2 17:37

ホンダ シビック タイプR 試乗レポート(2/3)

関連: ホンダ シビックタイプR Text: 日下部 保雄 Photo: 村西一海
ホンダ シビック タイプR 試乗レポート

シビック タイプRは、鈴鹿を存分に楽しめる“言うことなし”な素材

シビックタイプRと日下部保雄
フロントシートシフト

シートをあわせる。ホンダ製のシートはレカロとはちょっと感触が異なる。レカロがイメージとして体をポイントで抑えてくれるのに対して、タイプRは体全体をホールドするような感じだ。このイメージはサーキット走行をした後も変わらなかった。シビックは通常のセダンよりもヒップポイントが高い分だけ、アイポイントも高く、体全体を支えたほうが疲労が少ない。

ステアリングホイールは握りの部分が特徴的で、握りこむような形状をしている。ボクにはあまり好みではないが、サーキット走行に関しては手のひらにぴったりして力が入りやすい。シフトレバーの位置関係も含めて、やはりミニバンのようにヒップポイントが高いと感じたが、これは最近のセダンの傾向だ。

シャキッと入るアルミ製のシフトノブは個人的には冬冷たく、夏暑いので好きではないのだが、軽く入ることには大きな貢献をしている。インテのタイプRよりも重量が重い分だけギアレシオが変更になっているが、このサーキットでは2速から5速までフルに使う。ギアレシオは完全に鈴鹿に合っているとは言いがたいが、各ギアのつながりがよく汎用性があるのは間違いない。

走行

最初のラップはコースを確認するためと、各部の操作系を見るために60%~70%で走る。案の定、しばらく走っていなかったボクの知っている鈴鹿とは違う。路面グリップも表面の凹凸が異なれば、シケインの形状、ピットレーンの入り方まで違っていた。そう言えばTVで見た鈴鹿F1のピットの入り方が違っていたけどあれだったか!

徐々にペースを上げるとシビック タイプRは本領を発揮する。ピットロードでは硬い!と感じた乗り心地もフラットになり、ぴたりと路面に張り付く。しかもノーマルカーとは思えないほどロールは少なく、ステアリングレスポンスはシャープだ。

エンジン

V-TEC特有のエンジンの回転フィールは約6300回転を境にまた次の高みに移る。際限なく吐き出されるパワーにゾクゾクする。特に中速回転域のトルクが向上しているので、レスポンスはシャープでこれまでのインテグラRよりもさらに粘り感がある。

くだりのストレートでは軽く200キロを超え(サーキットなのでリミッターをカットしている)、目いっぱい回転があがったところで6速に放り込む。1コーナーはそのまま軽いブレーキングで入り、2コーナーまでに4⇒3と落とす。弱く横Gが入るが、姿勢はきわめて安定している。さらにトランスミッションのシンクロは強力で、スッキリと入るのは頼もしい。2コーナーはかなり高い回転を維持して旋回するが、強力なヘリカルLSDのおかげでトラックションはしっかりかかり、僅かに早めにアクセルを入れても内輪はしっかりとグリップしている。

すかさず4速へ入れ、そのままS字へ。3速では回りすぎるので4速が適当だが回転もそれほど下がらず、徐々に加速していく。こんなときV-TECはありがたい。ライン取りに注意して逆バンクへ。緩くアクセルコントロールしながらラインが膨らまないように注意してダンロップコーナーへ。

走行

スピードはぐんぐん伸びる。すぐにデグナーが迫り、軽いブレーキングでそのまま飛び込む。インをカットするようなイメージだ。縁石にアシを乗せても強力なダンパーはすんなりいなしてくれる。2つ目のデグナーで3速に落とすが、ここでもヘリカルLSDの効果は高く、シビックはぐんぐんインに巻き込むように加速する。

いよいよヘアピンだ。ここは2速に落としたいところだが、3速のまま通過する。V-TECエンジンは中速回転でも粘り強いトルクがあるので、ここは3速に頑張ってもらったほうが2回シフトが減る分、タイムアップに繋がるように思えた。2速だと回転が上がりすぎて、コーナリング中に3速にシフトアップしなければならない。感覚的にはつらいがボクはこちらを選んだ。

高速の右ターンを通過して、次々とシフトアップ。スプーンの最初はコース角度が見えにくいのでクリップをとりにくいが、エイッと入り、いったんアウトにラインを取り、次の逆バンクでしかも回り込んでいる2つ目に狙いをすます。クリップは出来るだけ奥にとってアンダーステアを出さないようにするが、シビックはこんな場面でもステアリングの追従性が高く、かつアクセルを徐々に踏んでいけばロールを最大限までさせながらもアウト側の縁石まで、4輪を滑らせながら吹っ飛んでいく。無理にこじらないで、自然に外に流していくのがポイントだ。

走行

バックストレッチはストレートと同じく速度の出るコースだ。130Rは5速でブレーキングしたのち進入する。横Gがかかったままのブレーキングなので姿勢が不安定になるが、タイヤはしっかりと路面を捉えており、これ以上の不安感はない。基本的には高いボディ剛性の効果は高く、入力の大きなこんなコーナリングでも安定して走れるのはボディのおかげも高い。ブレーキはさらに大型化され制動効果は高い。初期のタッチはそれほどでもないが踏み込んでいった時の剛性感はさすがに優れている。

シケインは相変わらずブレーキングポイントが掴みにくいが、適当にポイント見つけて2速まで落とす。シケインの立ち上がりですぐに3速に入るが、便利なのはV-TECインジケーター。上部インパネにあるレブインジケーターで、LEDで回転の上昇を知らせてくれ、シフトタイミングが正確にわかり、オーバーレブさせることはないのはありがたい。

鈴鹿はチャレンジングなコースだ。新しいサーキットのように加速、制動の繰り返しではなく、行けそうで行けないところ、行けなそうで行けるところもあり、いつもワクワクする。それに素材がこんな面白いクルマなら言うことなしだ。

軽くかいた汗がとても気持ちよかった。

ホンダ シビックタイプR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シビックタイプR の関連記事

ホンダ シビックタイプRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シビックタイプR の関連記事をもっと見る

ホンダ シビックタイプR の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円